ニュース速報

フォードとVWが提携拡大、EVや自動運転車で協業へ

2019年07月13日(土)00時05分

[フランクフルト 12日 ロイター] - 米フォード・モーターと独フォルクスワーゲン(VW)は12日、両社の提携を電気自動車(EV)や自動運転車分野に拡大すると発表した。

他の分野への提携拡大も引き続き模索しており、協業による開発・生産コストの削減を深めていく。両社はすでに、商用車の開発・生産などで提携関係にある。

新たな提携の下、VWはフォード傘下の自動運転車会社アルゴAIに26億ドルを投じる。さらに、アルゴAIの株式5億ドル相当を購入し、VWとフォードの出資比率は対等となる。

さらに、フォードはVWのEV専用プラットフォーム「MEB」を共用し、EV車を生産する。VWから部品なども調達し、今後6年で、欧州でEV車60万台超を生産する見通し。

VWはすでにMEBに70億ドルを投じることにコミットしており、これは今後10年で1500万台の車台に相当する。

VWはまた、自動運転技術部門オートノマス・インテリジェント・ドライビング(AID)の事業をアルゴAIと統合する。

VWのヘルベフト・ディース最高経営責任者(CEO)は記者会見で、「引き続き、協業可能な分野を模索していく」と語った。

フォード・オートモーティブ部門のジョー・ヒンリクス社長は、VWのMEBを用いフォードのEVを開発するのに4年の時間は必要と語り、提携拡大の結実には時間を要することを示唆した。

シティのアナリストは、フォードによるMEB共用は両社にとって「変革的な」ステップになるとし、VWに「揺ぎない優位性を与える公算が大きい」と指摘した。

*情報を追加します

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!