ニュース速報

G20声明案、貿易・地政学面で緊張「高まっている」=関係筋

2019年06月09日(日)15時11分

[福岡市 9日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会合は、今夕発表する共同声明で、「世界経済の成長には引き続き下振れリスクがあり、貿易や地政学面で緊張状態が高まっている」との文案を明記する方針だ。「これらのリスクに立ち向かい、さらなる行動を準備する」ことも併せて記す。関係筋が9日明らかにした。

G20財務相会議は共同声明で、貿易と地政学面での緊張状態の高まりへの対処が「何よりも重要」との認識を示す。貿易に関しては「2018年12月のブエノスアイレス会合での結論を尊重する」ことを再確認する。為替についても従来の表現を踏襲する。

ブエノスアイレス会合では、共同声明で「国際的な貿易・投資は成長、生産性、イノベーション、雇用創出と開発のための重要なエンジン」と指摘し、「このために多角的貿易体制が果たしてきた貢献を認識する」としていた。

G20財務相会議の初日時点での声明案には「貿易摩擦の解消は急務」との記述もあったが、米国に配慮し、文案は削除された。米中貿易摩擦の激化が世界経済の成長を妨げる、との表現も見送る。

巨大IT(情報技術)企業を念頭に置いたデジタル課税では「2つの柱によるアプローチを採用し、2020年までの合意を期待する」と明記する。

*情報を追加し、再構成しました。

(Francesco Canepa and Jan Strupczewski 翻訳編集:竹本能文、山口貴也)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.9万人超増加 過去最

ワールド

新型コロナで労働世界は「未曾有の危機」に突入=IL

ビジネス

米バイオジェン、FDAにアルツハイマー薬候補の販売

ビジネス

機械受注5月は予想外のプラス転換、非製造業で底堅さ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!