ニュース速報

原油先物が続伸、中東情勢の緊迫化で

2019年05月16日(木)11時43分

[シドニー 16日 ロイター] - 原油先物価格は16日、3営業日連続で上昇している。中東情勢の緊迫化で供給に影響が出るとの懸念が高まっていることが背景。

0110GMT(日本時間午前10時10分)時点でブレント先物は0.27ドル(0.4%)高の1バレル=72.04ドル。前日は0.7%高で終了した。

米WTI先物は0.25ドル(0.4%)高の1バレル=62.27ドル。前日は0.4%上昇した。

中東情勢の緊迫化が原油価格を下支えしているとアナリストは指摘。一方、米原油在庫の予想外の増加は上値を抑えているという。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が15日公表した週間石油統計(10日まで)によると、政府の戦略石油備蓄(SPR)を除く原油在庫が予想外に増え、2017年9月以来の高水準を記録した。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング