ニュース速報

中国ファーウェイ幹部逮捕と距離置くトランプ政権、火種回避か

2018年12月07日(金)15時36分

[ワシントン/オタワ 6日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟(メン・ワンツォウ)最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された件で、米ホワイトハウス高官は6日、トランプ大統領は1日の米中首脳会談前に計画を認識していなかったと明らかにした。

この問題が米中貿易協議の火種となるのを回避する狙いがあるとみられる。

孟氏は首脳会談が行われた1日にカナダのバンクーバーで逮捕された。身柄は米国に引き渡される見通しとなっている。

ホワイトハウス高官はロイターに対し、米国がカナダに孟氏の引き渡しを求めていたことをトランプ大統領は会談前には知らなかったと述べた。

関係筋によると、米国は対イラン制裁を逃れるために世界的な銀行システムを利用した疑惑を捜査しており、その一環で孟氏の逮捕を要請したという。

別のホワイトハウス当局者はロイターに対し、この件は司法省の問題であり、ホワイトハウスと事前の調整はなかったと説明した。その上で、中国による国際貿易規範への違反と米国がみなす問題について米政府が厳しく対応するというシグナルになる可能性があると述べた。

また、包括的な貿易協議での合意を目指す米中の取り組みが複雑になる恐れはあるものの、必ずしも打撃にはならないとの見方を示した。

孟氏の逮捕を受け、カナダでも中国の報復を巡る懸念が出ているが、トルドー首相は6日、逮捕に政治介入はなかったとし、距離を置く姿勢を示した。

逮捕について記者団に聞かれ、「適切な当局がいかなる政治的な関与、介入なしにこの件で決定を下した。カナダは計画について数日前に通知された」と説明。中国首相や大使と協議したかを聞かれると、海外の相手と話していないと答えた。

<日本政府は製品排除へ>

米当局は、華為が対イラン制裁に違反したかどうかについて、米国は少なくとも2016年から調べていた。関係筋によると、最近では華為がHSBCを利用してイラン関連の違法な取引を行った容疑などで捜査が行われていた。

HSBCは12年、米制裁や資金洗浄関連法違反で、ブルックリンの検察局と訴追延期合意を交わし、19億2000万ドルを支払った。関係者によると、HSBCは捜査を受けていない。米捜査当局の報道官やHSBCの広報担当者はコメントを控えた。

複数の関係筋が明らかにしたところによると、日本政府は中央省庁などが使用する製品・サービスなどから、華為と中興通訊(ZTE)<000063.SZ><0763.HK>の製品を事実上排除する見通しだ。

米共和党のクルーズ上院議員はツイッターに「華為は通信企業という薄いベールをかぶった中国共産党のスパイ機関だ」と投稿。ルビオ、サス両上院議員(ともに共和党)も逮捕を歓迎し、同社は安全保障上の脅威との見方を示した。

華為は逮捕を確認する声明を発表。容疑に関する情報はほとんど得られていないとした上で、「孟氏の過失は承知していない」との立場を示している。

*写真を更新しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

ワールド

英で新型コロナ第2波加速、首相が国民に規制遵守求め

ワールド

プラウド・ボーイズは「知らない」、法執行当局に仕事

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!