最新記事
MLB

大谷翔平の結婚発表で「ありもしない初恋の記憶動画」が完成した!と話題に

2024年3月1日(金)14時30分
ニューズウィーク日本版編集部

結婚発表から一夜明け、アリゾナ州グレンデールの球団施設で取材に応じる大谷 JOE CAMPOREALE-USA TODAY Sports-REUTERS

<突然の結婚報告で「大谷ロス」を感じた人も多いなか、高校時代に好きだった大谷を見つめ続けた人(という設定)のエモい動画が注目されている>

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手が2月29日、自身のインスタグラムで日本人女性と結婚したことを発表。翌日には記者たちを前に、囲み会見で報告をした。

電撃ニュースに日本中が沸き、なんとなく失恋したような「大谷ロス」も話題になるなか、あらためて注目を集めたYouTube動画がある。

「오타니 쇼헤이 (大谷翔平) 'Ditto'」と題されたいわゆる「MAD動画」で、高校時代からの大谷の動画に、韓国の人気グループNewJeansの曲「Ditto」を合わせている。

作成されたのは昨年3月で、当初は以下のコメント(8カ月前)のように「大谷との存在しない切ない思い出を呼び起こすエモい動画」として楽しまれていた。

「小さい頃から家族ぐるみで仲良くさせてもらって、中学高校も同じ、野球部ではマネとして翔平くんのことずっと近くで見てきた。
『俺が甲子園に連れてくから』って目を見て言ってくれた彼がそれを飛び越えてこんな遠いところまで行っちゃうなんて。
こんな人を少しでも支えられたこと、好きになれたのは私の人生の宝物。いつかまた会えたとき、私のこと覚えててくれるかな。

なんていうことが本当にあったのではないかという錯覚を起こすレベルの傑作動画」

それが今回、大谷が結婚することで「この物語が完成した」と多くの人が絶賛。日本語、韓国語の入り交じるコメント欄にはこんな言葉が並ぶ。

■大谷選手ご結婚されたので、ようやく真の終わりと完成を迎えた、この存在しない記憶に浸りにきました。
■これずっと好きだった人が結婚しためちゃくちゃ切ないMVに変化して草
■今日の結婚という報告がこの動画の儚さとか"誰かの青春感"をより完成させてる気がしてすごく切ない気持ちになってる。改めて本当におめでとうございます。
■오타니 결혼으로 이 동영상은 완성되었다. 축하해요(大谷さんの結婚でこの動画が完成しました。おめでとうございます)
■오타니도 이 영상 한 번쯤은 봤겠지... 결혼 축하해요... ㅠㅠ(大谷さんもこの映像一度は見たことあるだろうなぁ...結婚おめでとうございます... 泣)
■今の状況で見る大谷dittoが一番沁みる
■結婚したと聞いてこの動画に戻ってきた
大谷くんと青春を過ごした同志たち、生きてる、、?

「有名人になって手の届かないところに行ってしまった初恋の相手が、自分の知らない人と結婚して本当に手の届かないところに行ってしまった」というわけだ。最後に一瞬だけ目が合って、大谷が背を向けるシーンもさらに意味が感じられるようになった。

投稿主が上げているのがこの動画1本のみなのに「ガチな思い」が感じられること、結婚発表直後に概要欄コメントを「末永くお幸せに。」に変更したことも見る人たちの心に刺さったようだ。

大谷さん、末永くお幸せに!

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EU、中国への食品輸出の拡大目指す 訪中の欧州委員

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、短距離弾か 今年4回目

ビジネス

午後3時のドルは154円後半で高止まり、34年ぶり

ビジネス

日経平均は反発、中東情勢への過度な警戒和らぐ 半導
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中