最新記事
ウクライナ戦争

今年2機目、ロシアの早期警戒管制機「A-50」墜落現場に猛烈な炎と巨大な煙 露ブロガーは「味方の誤射」と主張

Ukraine Shoots Down Second Highly Advanced Russian A-50 Spy Plane

2024年2月28日(水)14時10分
カイトリン・ルイス
ロシアの早期警戒管制機A-50

ロシアの早期警戒管制機A-50(2014年5月、セバストポリにて撮影) vaalaa-Shutterstock

<23日遅くに1機のA-50がアゾフ海に墜落。墜落現場の火災と煙を捉えた映像が拡散されている>

ウクライナ空軍は、自軍の戦闘機が23日にロシアの早期警戒管制機「A-50」を撃墜したと発表した。ウクライナの主張通りなら、同軍は、ロシア軍にとって重要なこの偵察機を今年に入ってすでに2機破壊したことになる。

【動画】猛烈な炎、立ち上る巨大な煙...A-50墜落現場を捉えた劇的映像

A-50はロシアの航空機メーカー「ベリエフ」が開発した早期警戒管制機で、ロシア軍がウクライナの防空体制を監視するために使用している。定員は15人で、製造コストは推定3億ドル超だ。

ロシアおよびウクライナ両国からの報告によれば、23日遅くに1機のA-50がアゾフ海に墜落した。ウクライナ当局はA-50の破壊を自国の手柄としているが、ロシアの軍事ブロガーの中には「味方による誤射」で墜落したと主張する者もいる。

ウクライナ空軍司令官のミコラ・オレシチュク中将はテレグラムでA-50の撃墜を発表し、自軍の情報部門と「この結果をもたらしてくれたすべての人」に感謝した。ウクライナ軍最高司令官に任命されたばかりのオレクサンドル・シルスキーはフェイスブックで、「ロシア機を敵兵もろとも破壊できたことは大きな名誉だ」と述べた。

オレシチュクの発表直後、ロシアの国営通信社RIAノーボスチはテレグラムで、アゾフ海に面するロシア南東部のカネフスキー地区に「国籍等不明の航空機」が墜落したと発表した。ノーボスチはその後、地元当局の情報として、2機の航空機がこの地域に墜落し、墜落現場で炎が目撃されたと報じている。

A-50墜落の動画もソーシャルメディアで共有された。ウクライナの軍事ブロガー、イーゴリ・スシュコがX(旧ツイッター)に投稿した動画では、航空機が「すぐ近く」に墜落して「大爆発」が起きている、と撮影者が語っている。この動画には、墜落現場から大きな炎と煙が立ち上る様子が収められている。

オレシチュクもテレグラムで墜落の動画を公開しており、こちらは遠方で燃え上がる炎を映し出している。

ウクライナ当局は1月14日にも、アゾフ海上空でA-50を撃墜したと主張している。ロシアの一部の軍事ブロガーたちも報告しているこの攻撃では、ロシアの空中指揮機「イリューシン22(Il-22M)」も破壊された。当時、ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は報道陣に、「ウクライナ軍がロシア機を撃墜したという情報はない」と述べていた。

(翻訳:ガリレオ)

202404300507issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が愛した日本アニメ30」特集。ジブリのほか、『鬼滅の刃』『AKIRA』『ドラゴンボール』『千年女優』『君の名は。』……[PLUS]北米を席巻する日本マンガ

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ前米大統領、麻生自民副総裁と会談=関係者

ワールド

北朝鮮「圧倒的な軍事力構築継続へ」、金与正氏が米韓

ビジネス

中国人民銀、国債売買を政策手段に利用も=高官

ビジネス

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 株価急伸 四半期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中