最新記事

ペット

「世界猫の日」分断解消のカギを握るネコたち

Is World Cat Day the Only Thing That Can Unify Our Fractured World?

2017年3月2日(木)18時43分
ロビー・グラマー エミリー・タムキン

「猫の日」は世界中にたくさんある Ints Kalnins-REUTERS

<日本の「猫の日」は2月22日だが、「世界猫の日」は3月1日。この日を祝い、世界中の猫たちからユニークなメッセージが届いた>

水曜は特別な日だった。何しろ3月1日は「世界猫の日」なのだから。あなたの知っている猫の日と違っても驚くことはない。実のところ、猫の日はいくつもある。8月8日は「国際猫の日」、10月6日は「野良猫の日」。それでも3月1日「世界猫の日」に敬意を表し、私たちの威信をかけて国際政治に関わる猫たちのリストをここに発表する。

トルコ・イスタンブールで暮らす猫を追ったドキュメンタリー映画『ケディ』に登場する猫たち。映画は世界で公開中だ。『ケディ』は猫たちにギャラを払っていないが、払うべきだろう。


ロンドンの英首相官邸に住むネズミ捕獲長のラリー。 「EU離脱」の国民投票の結果を受け辞任したデービッド・キャメロン前首相の置き土産だ。


【参考記事】【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

ポーランドの政党「法と正義」のリーダー、ヤロスワフ・カチンスキの猫。政治家の信頼度調査で圧倒的首位に。



台湾の総督蔡英文の猫シャンシャンとアーツァイ。昨年12月に蔡がドナルド・トランプ米大統領と衝撃の電話会談を果たしたときも撫でていたかもしれない。



内部告発サイト「ウィキリークス 」の創設者ジュリアン・アサンジの猫。飼い主がアメリカから政治亡命し在ロンドンのエクアドル大使館に住んでいることから、エンバシー(大使館)キャットと呼ばれる。

Just another meow-nic Monday!

Embassy Catさん(@embassycat)がシェアした投稿 -

アサンジの猫には専用のツイッタ―アカウントまである。もちろん、ビジネスシーンに対応するワイシャツとタイも。


エンバシーキャットのマウスパッドがウィキリークスのオンラインショップから購入可能。Tシャツもある。


【参考記事】飼い主留守でも猫まっしぐらなペット自動エサやり機 ネット接続の失敗と教訓

最後に、ロシアのプーチン大統領と不気味な「類似点」を持つ14匹の猫

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

焦点:米ゴールドマン決算、取引収益悪化は業界の縮図

ワールド

アングル:トランプ政権半年、8人に1人が「今なら投

ワールド

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広

ワールド

トランプ氏長男と弁護士の面会、特別検察官が記録保全

MAGAZINE

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

2017-7・25号(7/19発売)

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見えない懐事情

  • 3

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 4

    次の覇権国はアメリカか中国か 勝敗を占う「カネの…

  • 5

    ファミマがIT駆使で業務見直し加速 アナログ重視し…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    シャーロックとワトソンの名探偵コンビ、ドラマは衝…

  • 10

    エルサレムでの衝突はどこまで広がるのか──パレスチ…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 10

    中国が「くまのプーさん」を検閲で禁じたもう1つの理由

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 10

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月