最新記事

ペット

「世界猫の日」分断解消のカギを握るネコたち

Is World Cat Day the Only Thing That Can Unify Our Fractured World?

2017年3月2日(木)18時43分
ロビー・グラマー エミリー・タムキン

「猫の日」は世界中にたくさんある Ints Kalnins-REUTERS

<日本の「猫の日」は2月22日だが、「世界猫の日」は3月1日。この日を祝い、世界中の猫たちからユニークなメッセージが届いた>

水曜は特別な日だった。何しろ3月1日は「世界猫の日」なのだから。あなたの知っている猫の日と違っても驚くことはない。実のところ、猫の日はいくつもある。8月8日は「国際猫の日」、10月6日は「野良猫の日」。それでも3月1日「世界猫の日」に敬意を表し、私たちの威信をかけて国際政治に関わる猫たちのリストをここに発表する。

トルコ・イスタンブールで暮らす猫を追ったドキュメンタリー映画『ケディ』に登場する猫たち。映画は世界で公開中だ。『ケディ』は猫たちにギャラを払っていないが、払うべきだろう。


ロンドンの英首相官邸に住むネズミ捕獲長のラリー。 「EU離脱」の国民投票の結果を受け辞任したデービッド・キャメロン前首相の置き土産だ。


【参考記事】【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

ポーランドの政党「法と正義」のリーダー、ヤロスワフ・カチンスキの猫。政治家の信頼度調査で圧倒的首位に。



台湾の総督蔡英文の猫シャンシャンとアーツァイ。昨年12月に蔡がドナルド・トランプ米大統領と衝撃の電話会談を果たしたときも撫でていたかもしれない。



内部告発サイト「ウィキリークス 」の創設者ジュリアン・アサンジの猫。飼い主がアメリカから政治亡命し在ロンドンのエクアドル大使館に住んでいることから、エンバシー(大使館)キャットと呼ばれる。

Just another meow-nic Monday!

Embassy Catさん(@embassycat)がシェアした投稿 -

アサンジの猫には専用のツイッタ―アカウントまである。もちろん、ビジネスシーンに対応するワイシャツとタイも。


エンバシーキャットのマウスパッドがウィキリークスのオンラインショップから購入可能。Tシャツもある。


【参考記事】飼い主留守でも猫まっしぐらなペット自動エサやり機 ネット接続の失敗と教訓

最後に、ロシアのプーチン大統領と不気味な「類似点」を持つ14匹の猫

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ワールド

北朝鮮ミサイル発射、中国に「大変無礼」=トランプ氏

ワールド

メルケル氏は強力な対米関係確信、相違に正々堂々と意

ワールド

マクロン氏政党、得票率トップに=仏下院選世論調査

ワールド

イタリア秋にも総選挙か、主要政党が改革案支持

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 8

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月