最新記事

ペット

「世界猫の日」分断解消のカギを握るネコたち

Is World Cat Day the Only Thing That Can Unify Our Fractured World?

2017年3月2日(木)18時43分
ロビー・グラマー エミリー・タムキン

「猫の日」は世界中にたくさんある Ints Kalnins-REUTERS

<日本の「猫の日」は2月22日だが、「世界猫の日」は3月1日。この日を祝い、世界中の猫たちからユニークなメッセージが届いた>

水曜は特別な日だった。何しろ3月1日は「世界猫の日」なのだから。あなたの知っている猫の日と違っても驚くことはない。実のところ、猫の日はいくつもある。8月8日は「国際猫の日」、10月6日は「野良猫の日」。それでも3月1日「世界猫の日」に敬意を表し、私たちの威信をかけて国際政治に関わる猫たちのリストをここに発表する。

トルコ・イスタンブールで暮らす猫を追ったドキュメンタリー映画『ケディ』に登場する猫たち。映画は世界で公開中だ。『ケディ』は猫たちにギャラを払っていないが、払うべきだろう。


ロンドンの英首相官邸に住むネズミ捕獲長のラリー。 「EU離脱」の国民投票の結果を受け辞任したデービッド・キャメロン前首相の置き土産だ。


【参考記事】【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

ポーランドの政党「法と正義」のリーダー、ヤロスワフ・カチンスキの猫。政治家の信頼度調査で圧倒的首位に。



台湾の総督蔡英文の猫シャンシャンとアーツァイ。昨年12月に蔡がドナルド・トランプ米大統領と衝撃の電話会談を果たしたときも撫でていたかもしれない。



内部告発サイト「ウィキリークス 」の創設者ジュリアン・アサンジの猫。飼い主がアメリカから政治亡命し在ロンドンのエクアドル大使館に住んでいることから、エンバシー(大使館)キャットと呼ばれる。

Just another meow-nic Monday!

Embassy Catさん(@embassycat)がシェアした投稿 -

アサンジの猫には専用のツイッタ―アカウントまである。もちろん、ビジネスシーンに対応するワイシャツとタイも。


エンバシーキャットのマウスパッドがウィキリークスのオンラインショップから購入可能。Tシャツもある。


【参考記事】飼い主留守でも猫まっしぐらなペット自動エサやり機 ネット接続の失敗と教訓

最後に、ロシアのプーチン大統領と不気味な「類似点」を持つ14匹の猫

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ワールド

金正恩氏「かつてないほど試される」、トランプ米大統

ビジネス

欧州諸国、若年層の失業問題に対処する必要=ECB総

ビジネス

賃上げ加速へ減税案、安倍首相会見での表明調整=政府

ワールド

中国外相、北朝鮮に危険な路線に固執しないよう呼び掛

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 3

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 5

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 6

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 10

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月