最新記事

イギリス

訪米したメイ首相にも二つの顔――中国CCTVで春節の挨拶

2017年1月30日(月)06時42分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

訪米し、トランプ大統領と会談したイギリスのメイ首相 Kevin Lamarque-REUTERS

 イギリスのメイ首相は27日、中国春節のCCTV番組で国連事務総長やユネスコの事務局長ら同様、中国語を交えて祝賀の挨拶をした。トランプ大統領との会談後、米英関係の緊密さを強調しているが、彼女もまた二つの顔を持っている。

トランプ大統領就任後、初の首脳会談をしたメイ首相

 1月27日、訪米したイギリスのメイ首相はトランプ大統領とホワイトハウスで首脳会談を行った。トランプ氏が大統領に就任したあと、初めての外国首脳との会談だ。

 会談後二人は共同記者会見を行い、米英両国は最も「特別な関係」を続けるとした上で、貿易や軍事などにおける協力を強調した。

 EUを離脱したイギリスと、「アメリカ・ファースト」を唱えて保護主義に傾くトランプ政権には共通点がある。トランプ大統領はイギリスのEU離脱を礼賛し、メイ首相は米英の二国間貿易協定推進に意欲を見せた。

 ロシアに対する制裁に関しては温度差があるものの、トランプ大統領が最初に行なった首脳会談の相手としてイギリスを選んだのは象徴的だ。

 真っ赤なスーツに紺の曲線が走るスカーフでアクセントをつけたメイ首相のファッションは、いつもながらに抜群のセンスで、よどみなくスピーチし、紺の背広に赤いネクタイを締めたトランプ大統領と好対照をなして力強さをアピールした。

中国CCTVの春節特集で祝賀メッセージを述べたメイ首相


 そんなメイ首相だが、一方では1月27日に中国の中央テレビ局CCTVで報道された春節前夜の特別報道で、約3分にわたるビデオメッセージを送っている。

 そこでは主として以下のことが語られている。

●今年の中英関係はこれまでと違って一層重要で、私は再び訪中して習近平国家主席に会うつもりだ。
 
●英国国内外にいる中国人たちのイギリスに対する貢献には巨大なものがある。

●中英双方の関係は、どの時期よりも堅固だ。

●15ヵ月前に習近平主席は歴史的な訪英を遂げた。イギリスが中国から得た投資は、どのヨーロッパ諸国よりも多い。

●イギリスには15万人の中国人留学生がおり、この5年間で中国からの観光客は2倍に膨らんだ。中英関係はますます深まるばかりだ。

●今年は香港返還20周年記念、中英国交正常化45周年記念でもあるので、中英関係にとっては非常に重要な年だ。

ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、2017年は+7.0% 14年以来

ビジネス

中国の17年成長率は政府目標上回る6.9%、固定資

ワールド

米国務長官が来週訪英、「トランプ大統領は英国を軽視

ビジネス

米自動車大手、今年はピックアップに軸足 利益率で販

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 7

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 7

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 10

    新型aiboはワンコそっくり、でも難点が1つ

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月