最新記事

トルコ

トルコはなぜシリアに越境攻撃したのか

2016年9月26日(月)17時00分
今井宏平(日本貿易振興機構アジア経済研究所)

8月9日、エルドアン大統領とプーチン大統領が会談した。Sergei Karpukhin- REUTERS

<8月24日にトルコがシリア領内での軍事活動を開始してから早一ヶ月。ここで、その推移を整理し、今後の焦点を考える>

 2016年8月24日にトルコがシリア領内での軍事活動を開始してから早一月となる。トルコ軍はシリアの反体制派と共にシリア北部のジャラーブルスおよびマンビジュで「イスラーム国」(IS)とクルド勢力に対する攻撃を展開している。クルド勢力とは、北シリアで勢力を拡大した民主統一党(PYD)、およびその軍事部門である人民防衛隊(YPG)、そしてYPGと連携する民兵集団、シリア民主部隊(SDF)を指す。

 なぜこの時期にトルコはシリア領内での活動を活発化させているのだろうか。本小論ではトルコのISとクルド勢力への対応を振り返りながら、この点について検討してみたい。

北シリアにおけるクルド勢力の影響力拡大

 2014年6月末にISが樹立されたことを受け、アメリカを中心とする欧米諸国は中東においてISに対抗する国家および組織を切望した。同盟国であるトルコやサウジアラビアがISとの戦闘に二の足を踏む中で、欧米諸国の要請に応えたのが、クルド勢力であった。

 2014年9月から15年1月にかけてのコバニ(アイン・アラブ)をめぐるISとの戦闘で勝利したことで、クルド勢力に対する欧米の信頼は飛躍的に高まった。クルド勢力は15年6月にタッル・アブヤドもISから奪還した。こうしたクルド勢力のシリア国内での伸張する、そして欧米諸国がクルド勢力を支持していることを快く思わなかったのがトルコである。

 トルコはPYDをはじめとしたクルド勢力を、トルコ国内の反政府勢力であるクルディスタン労働者党(PKK)と同一の組織と見なしている。トルコ政府とPKKは84年から抗争を続けており、これまでに双方合わせて4万人以上が死亡している。トルコ政府は、PKKや北シリアのクルド勢力がシリア国内で領土を拡張し、欧米の信頼を得ることで北シリアに自治区を建設しようとしているのではないかと警戒している。クルド勢力は、自治区建設を目指していることを公言していないものの、2016年3月18日に支配地域の統合を宣言するなど、着実に北シリアで基盤を築きつつあった。

 2015年9月30日にロシアがアサド政権をサポートするためにシリア空爆を開始したが、ロシアもアサド政権と協力関係にあり、IS掃討に貢献度の高いクルド勢力を重用した。さらに同年11月24日にトルコ・シリア国境付近でトルコ軍がロシア軍機を撃墜する事件が起こり、トルコとロシアの関係が悪化した。この事件後、ロシアのクルド勢力への支持が顕著となる。2016年2月にはモスクワにPYDの代表部が開設された。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7首脳、ウクライナ支援を確約 ロシアは商業施設砲

ワールド

米各地で中絶禁止の州法巡り法廷闘争、最高裁の判断転

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株の下げが重し

ワールド

イランがBRICS加盟申請、アルゼンチンも既に申請

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 7

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月