最新記事

海外ドラマ

「戦うバービー」ではないドラマ『ブラザーズ・サン』のリアル...「こんな女たちが見たかった!」

Putting Women Front and Center

2024年02月25日(日)10時15分
チェイナ・ロス(スレート誌シニアプロデューサー)
ミシェル・ヨー扮する「アイリーン・ママ・サン」とチャールズを演じるジャスティン・チエン

アイリーンはチャールズと共に家族を守ると決意 MICHAEL DESMOND/NETFLIX

<筋金入りの「男の世界」に花を添えるだけじゃない。マフィア社会で女が「主役」の斬新なアクションコメディーに「やればできる!」と嫌味の1つでも言いたくなる出来映え>

映画やドラマのアクションものの世界は女性に厳しい。女性キャラのパターンは大抵2つ。1つは殺されたり拉致されたりして男を復讐や救出に駆り立てるパターン。

もう1つはタイトなジーンズに肌もあらわなトップスで、髪を振り乱して悪党どもの急所を蹴り上げるパターンだ。役どころといえば死ぬかイケメンを追いかけるかで、中身もなければ現実の人間が口にしそうなリアルなせりふもない。

それでもたまに、そうではない作品に出くわす。ネットフリックスで独占配信中の『ブラザーズ・サン』もその1つ。世界各地で女性たちが「遂にこの日が! やればできるじゃない」と嫌みの1つも言いたくなりそうな待望久しい作品だ。

本作は一見、典型的なアクションコメディーだ。幼い頃に生き別れた兄弟2人のうち、1人は台北の犯罪組織トライアドのボスである父親のもとで育った殺し屋。

もう1人はロサンゼルスで母親に育てられた医学部の学生だ。どちらとは言わないが、1人はまぬけで役立たず、もう1人は冷徹でいつもいら立っている。

ある日父親が狙撃され、殺し屋のチャールズ(ジャスティン・チエン)は母親のアイリーンと弟ブルース(サム・ソン・リー)を守るため、ロサンゼルスにやって来る。これが騒動の始まりで......。

男社会での激しいアクションが大部分を占め、コメディーも満載。それでも本作が他のアクションコメディーと違うのは、プロットの大部分を動かしているのが女たちだということだ。

彼女たちは典型的な男中心のアクションドラマ(『ジャック・ライアン』『ジャック・リーチャー』『シール・チーム』『ストライク・バック』などのシリーズ)の女性とは違う。

いくらかましな作品(『探偵レミントン・スティール』『チャック』、映画『ゲット スマート』など)に登場する女性たちは頭がよくて主人公の男たちにあきれているが、「助手」にすぎないことに変わりはない。

「欲しいもの」のために

一方、本作の女たちは違う。第1話ではでこぼこ兄弟コンビが主役かと思いきや、その後のエピソードでミシェル・ヨー扮するアイリーン・ “ママ” ・サンがシャワーキャップをかぶり、ドリルを取り出して死体を始末する。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 3

    ジョージ王子とシャーロット王女が「完全シンクロ」…

  • 4

    キャサリン妃は「セレブ」なのか?...アメリカ人が理…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃がついに「成功の波」に乗った!?...「追い…

  • 4

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル