最新記事

出産

「代理出産」は本当に身勝手なのか?

We’re Having a Surrogate

2023年12月01日(金)13時55分
クリスティーナ・カスパリアン(エッセイスト、神経言語学者)
クリスティーナ・カスパリアン KRISTINA KASPARIAN

双方の希望と事情を擦り合わせ、代理母を雇うことを決めた筆者(左)と夫 KRISTINA KASPARIAN

<遺伝子も子宮も提供しないけれど心は子供にささげる、そう決意した背景には夫婦の絆と困難な事情があった...>

現在30代の私は、今までありとあらゆる場面で妊娠出産について聞かれてきた。寝食を忘れて論文の執筆と格闘していた20代の大学院時代でさえ、いつ子供を産むのかと当たり前のように尋ねられた。

姉の結婚式でも学会でも聞かれた。エレベーターでは狭い金属の箱に5秒乗り合わせただけで人様のプライバシーに立ち入る権利があると思い込んだらしい赤の他人に、要らぬお節介をされた。

子育ての環境は完璧に整っていた。愛する夫とは20年前から共に笑い、共に生きてきた。2人とも安定した仕事に就き、持ち家があり、育児を手伝おうと待ち構えている人々の輪にも恵まれていた。

それでも子供について聞かれると、私は「今はちょっと」「そのうちに」「分かりません」と言葉を濁した。

10代前半から、自分のことはよく理解していた。書き言葉であれ話し言葉であれ、言語に接すると心が躍った。記憶力が抜群で、他人の感情を鋭く見抜き、床をのたうち回るほど生理痛がひどかった。

イタリアに住んで物書きになるのが夢で、子供は要らない。夢見る未来に、母親になった自分の姿はなかった。

だから20代の若さで早期閉経と診断されても動じなかった。私の体に、卵子はほとんど残っていなかった。

他人からの問いかけに対し、「そう簡単にはいかないんです」と返したこともある。真実に近い答えだった。

キャリアと健康を二の次三の次にして生殖することを期待する社会にあらがうのは、簡単なことではない。未来のわが子を想像しただけで目がきらきらする夫から、子育ての機会を奪うのは簡単なことではない。体外受精も子宮内膜症の治療も、簡単ではない。

私は不妊治療で心も体もぼろぼろになり、貯金は底を突いて借金が増えた。夜中に独りで泣き、嘔吐し、不妊治療をやめたいと苦しみながら一睡もできず、それでも翌朝には体の健康よりメンタルの安定を重視する専門医の前で平静を装った。

実子でなくても愛せる

はた目には子づくりを諦めたように見えただろう。だが夫と私は諦めるどころか、本能を否定せず自分らしく生きられる道を選んだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 2

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 3

    メーガン妃がヘンリー王子との「最後の楽しい夜遊び…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 2

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 4

    「私の心の王」...ヨルダン・ラーニア王妃が最愛の夫…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:姿なき侵略者 中国

特集:姿なき侵略者 中国

2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮