最新記事

アメリカ社会

エボラ恐怖にパニクる米保守派の妄言ツイート

'Attack Patients with Napalm to Defeat Virus'

「患者を焼き払え」などと触れ回るエボラそのものよりはるかに危険な愚か者

2014年10月8日(水)17時20分
ルドビカ・ラチノ

「エボラに勝つためには患者を焼き払わなければならない」──ツイートでこんな妄言を吐いたのは、サウスカロライナ州の元共和党幹部で保守派のトッド・キンカノンという人物。

 当然のことながら、これには怒りのツイートが巻き起こった。西アフリカで拡大するエボラ出血熱の感染は今やアメリカやヨーロッパに飛び火し、世界保健機関(WHO)ではこれまでに少なくとも合わせて7000人が感染したと報告している。

 キンカノンは今週、エボラについて許し難いツイートを連投した。

──こうなったら感染した村を空からナパームで焼き払うしかない。エボラに他の対策は無い。

──誰かがもし病気から回復してもウイルスは持っている。そいつも家も焼き払わなければダメだ。同情は破滅を招く。

──エイズ、マールブルグ病、エボラ出血熱、西ナイル熱......なんで気持ち悪いウイルスはいつもアフリカから来るんだ?

 さらにキンカノンは、西アフリカでエボラに感染した疑いのある人物は、カメラマンだろうと医療関係者だろうと「何のためらいもなく」殺すともつぶやいた。

──(『エボラ患者が全員死ぬわけではない。帰国した医療関係者やカメラマンも殺すというのか?』と聞かれて)何の躊躇も無い。

 また、医療関係者はエボラ患者の治療を拒否すればいいとも言っている。

──自分が病院で働いていたら、エボラ患者の治療はお断りだ。病院関係者も全員、拒否すればいい。

──簡単な話だ。一番多くの命を救えることをすればいい。エボラ患者の治療はさらに多くの無関係の人々の命を奪っている。

 当然ながら、キンカノンの発言に対しては「暴言だ」という怒りのツイートが多数寄せられた。

──キンカノンの愚かさはエボラと同じくらい危険。彼も隔離するべき。

──(キンカノンは)何にでもツイートして炎上する有名な人......今度はエボラで炎上してる。

ニュース速報

ビジネス

訂正-ドル111円付近で上値重い、引き続き米FBI

ビジネス

日経平均は3日ぶり反落、米政治情勢・英爆発事件が重

ワールド

中国、北朝鮮に安保理決議違反やめるよう促す 「当事

ワールド

仏大統領、ロシア大統領と初会談へ 29日にパリで

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 4

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 5

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 6

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 7

    細菌の感染ルートを探るには、お札を追え!

  • 8

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 9

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 10

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月