最新記事

アメリカ社会

エボラ恐怖にパニクる米保守派の妄言ツイート

'Attack Patients with Napalm to Defeat Virus'

「患者を焼き払え」などと触れ回るエボラそのものよりはるかに危険な愚か者

2014年10月8日(水)17時20分
ルドビカ・ラチノ

「エボラに勝つためには患者を焼き払わなければならない」──ツイートでこんな妄言を吐いたのは、サウスカロライナ州の元共和党幹部で保守派のトッド・キンカノンという人物。

 当然のことながら、これには怒りのツイートが巻き起こった。西アフリカで拡大するエボラ出血熱の感染は今やアメリカやヨーロッパに飛び火し、世界保健機関(WHO)ではこれまでに少なくとも合わせて7000人が感染したと報告している。

 キンカノンは今週、エボラについて許し難いツイートを連投した。

──こうなったら感染した村を空からナパームで焼き払うしかない。エボラに他の対策は無い。

──誰かがもし病気から回復してもウイルスは持っている。そいつも家も焼き払わなければダメだ。同情は破滅を招く。

──エイズ、マールブルグ病、エボラ出血熱、西ナイル熱......なんで気持ち悪いウイルスはいつもアフリカから来るんだ?

 さらにキンカノンは、西アフリカでエボラに感染した疑いのある人物は、カメラマンだろうと医療関係者だろうと「何のためらいもなく」殺すともつぶやいた。

──(『エボラ患者が全員死ぬわけではない。帰国した医療関係者やカメラマンも殺すというのか?』と聞かれて)何の躊躇も無い。

 また、医療関係者はエボラ患者の治療を拒否すればいいとも言っている。

──自分が病院で働いていたら、エボラ患者の治療はお断りだ。病院関係者も全員、拒否すればいい。

──簡単な話だ。一番多くの命を救えることをすればいい。エボラ患者の治療はさらに多くの無関係の人々の命を奪っている。

 当然ながら、キンカノンの発言に対しては「暴言だ」という怒りのツイートが多数寄せられた。

──キンカノンの愚かさはエボラと同じくらい危険。彼も隔離するべき。

──(キンカノンは)何にでもツイートして炎上する有名な人......今度はエボラで炎上してる。

ニュース速報

ビジネス

中国、企業のレバレッジ上昇で構造改革急務に=米財務

ワールド

情報BOX:トランプ米次期政権の閣僚候補者の顔ぶれ

ワールド

豪中銀、政策金利を予想通り1.50%に据え置き 成

ビジネス

トヨタ、パワートレーン刷新 21年には販売車両60

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 2

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 5

    トランプ・蔡英文電話会談は周到に準備されていた?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の…

  • 8

    初の極右国家元首ならず、オーストリア大統領選は親…

  • 9

    甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 2

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 7

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 10

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月