Picture Power

【写真特集】トランプ劇場の熱狂と喧騒と混乱

TRUMP, THE DRAMA

Photographs by DAVID BUTOW

2022年02月12日(土)16時45分

カリフォルニア州での予備選を控えた16年6月1日にサクラメント空港に集まったトランプ支持者

<大統領選出馬から議会襲撃事件まで、トランプが引き起こした人々の強い感情と悲痛>

ドナルド・トランプ前米大統領の退陣から1年。バイデン現政権は早くも苦しい政権運営に直面している。加えて今年11月には上下両院で中間選挙が実施されるが、既に野党・共和党の下院勝利が確実視されており、2024年の次期大統領選における「トランプ復活」も現実味を帯び始めてきた。

そんなタイミングで出版されたデービッド・バトウの写真集『BRINK』は、他のどのメディアよりも広い視点と深い洞察力でトランプ時代のアメリカを追った作品だ。この時代の雰囲気を知りたい後世の人々や歴史家にとって有益な情報にあふれている。

作品は全3幕から構成されており、トランプが泡沫候補とされていた16年の党予備選から大統領就任とその波紋、そして政権最終年に起きた社会的混乱までを総括する「完全版トランプ劇場」だ。

政治学者のチェチリア・エマ・ソティロッタは、あとがきにこう寄せた。「この作品はとても強い感情と人々の悲痛を伝えながら、答えは教えてはくれないが問うべき質問を突き付けてくる」

第1章

2016年の大統領選予備選を前にした「普通の」アメリカ人たちの姿を追う第1幕では、トランプの信奉者たちが集まった激戦地域の中西部郊外の様子とラストベルト(赤さび地帯)に焦点を当てる

PPTRUMP01.jpg

ミシガン州にあるモーテルで昼寝から目覚めたトランプ支持者のカップル(2016年1月)

PPTRUMP03.jpg

大統領選で勝利する数日前にオハイオ州にある飛行場の格納庫で演説するトランプ

PPTRUMP04.jpg

ミシガン州南部の高速道路脇にある築100年以上の家に掲げられていたトランプ支持の看板

第2章

舞台を首都ワシントンに移す第2幕では、政府の混乱ぶりがあらわになる

PPTRUMP05.jpg

2016年の大統領選におけるロシアとトランプの関係について、トランプにFBI長官を解任されたジェームズ・コミーが上院情報特別委員会で証言を行った

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独、「悲惨な」経済状況脱却には構造改革が必要=財務

ビジネス

米マイクロン、米政府から60億ドルの補助金確保へ=

ビジネス

EU、TikTok簡易版のリスク調査 精神衛生への

ビジネス

米オラクル、日本に80億ドル超投資へ AIインフラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story