最新記事

ベトナム

ベトナム、女性人権活動家の国旗侮辱罪を初公判で結審 2年9か月実刑判決は司法の茶番と批判

2018年12月2日(日)12時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)

女性人権活動家にベトナムの司法当局は有罪判決が出したが…… Người Việt Daily News / YouTube

<一党独裁で民主化活動をことごとく弾圧するベトナム当局。だが母である活動家は強かった──>

ベトナムの裁判所は11月30日、女性人権活動家に対して「国旗侮辱罪」で禁固2年9カ月の実刑判決を言い渡した。同日開かれた初公判で検察、弁護側の主張を聞いた上で裁判官が判決を即日言い渡すというもので、被告や被告側の弁護士は「判決はあらかじめ用意された茶番劇」であると批判している。

同日午後1時半(ベトナム時間)から始まった女性人権活動家で著名ブロガーでもあるフイン・トゥク・ヴィーさん(33)に対する初公判は、当初11月22日午前7時半から開かれる予定だったが、22日当日ヴィーさんの手元に通告が届き延期されていた。

さらに初公判を開く裁判所も当初予定されていた中部高原ダクラク省の中心部にある省裁判所からヴィーさんの自宅があるブオンホー地方の人民地方裁判所に急きょ変更して開かれるなど、支援者や関係者の傍聴を困難にするような処置が裁判所当局によって行われたという。

身に覚えのない国旗侮辱罪で有罪

初公判では検察側が2017年にヴィーさんの活動の様子を撮影した映像にペンキが塗られたベトナム国旗が写っていることを指摘して、1999年制定の刑法276条にある「ベトナム国旗及び国章への侮辱罪」に当たると主張した。

これに対し被告側のダン・ディン・マ弁護士は「刑法276条は国連の規定した表現の自由を認める規定にはなっていない。また、ヴィーさんは国旗を侮辱する意図は全くなかった。そもそも問題の画像のペンキが塗られた赤字に星の旗は政府が認める国旗のサイズとは異なり、国旗と断定できない」などと原則論を展開して無罪を主張した。

ヴィーさんにしてみれば、活動する背景にたまたま映りこんでいた国旗らしきものへの「侮辱罪」適用は身に覚えがなく、理解できないことだった。

しかし、ヴィーさんは最初からすでに判決が用意された裁判であると指摘し、「茶番劇であることは明白」として、控訴しても結果が変わる可能性がないと判断、判決に従う意向を開廷前から示していた。

「弁護士、支援者のためにも裁判にかける時間やエネルギーを無駄にしたくない」とその理由を明らかにしていた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月