最新記事

ベトナム

ベトナム、女性人権活動家の国旗侮辱罪を初公判で結審 2年9か月実刑判決は司法の茶番と批判

2018年12月2日(日)12時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)

女性人権活動家にベトナムの司法当局は有罪判決が出したが…… Người Việt Daily News / YouTube

<一党独裁で民主化活動をことごとく弾圧するベトナム当局。だが母である活動家は強かった──>

ベトナムの裁判所は11月30日、女性人権活動家に対して「国旗侮辱罪」で禁固2年9カ月の実刑判決を言い渡した。同日開かれた初公判で検察、弁護側の主張を聞いた上で裁判官が判決を即日言い渡すというもので、被告や被告側の弁護士は「判決はあらかじめ用意された茶番劇」であると批判している。

同日午後1時半(ベトナム時間)から始まった女性人権活動家で著名ブロガーでもあるフイン・トゥク・ヴィーさん(33)に対する初公判は、当初11月22日午前7時半から開かれる予定だったが、22日当日ヴィーさんの手元に通告が届き延期されていた。

さらに初公判を開く裁判所も当初予定されていた中部高原ダクラク省の中心部にある省裁判所からヴィーさんの自宅があるブオンホー地方の人民地方裁判所に急きょ変更して開かれるなど、支援者や関係者の傍聴を困難にするような処置が裁判所当局によって行われたという。

身に覚えのない国旗侮辱罪で有罪

初公判では検察側が2017年にヴィーさんの活動の様子を撮影した映像にペンキが塗られたベトナム国旗が写っていることを指摘して、1999年制定の刑法276条にある「ベトナム国旗及び国章への侮辱罪」に当たると主張した。

これに対し被告側のダン・ディン・マ弁護士は「刑法276条は国連の規定した表現の自由を認める規定にはなっていない。また、ヴィーさんは国旗を侮辱する意図は全くなかった。そもそも問題の画像のペンキが塗られた赤字に星の旗は政府が認める国旗のサイズとは異なり、国旗と断定できない」などと原則論を展開して無罪を主張した。

ヴィーさんにしてみれば、活動する背景にたまたま映りこんでいた国旗らしきものへの「侮辱罪」適用は身に覚えがなく、理解できないことだった。

しかし、ヴィーさんは最初からすでに判決が用意された裁判であると指摘し、「茶番劇であることは明白」として、控訴しても結果が変わる可能性がないと判断、判決に従う意向を開廷前から示していた。

「弁護士、支援者のためにも裁判にかける時間やエネルギーを無駄にしたくない」とその理由を明らかにしていた。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月