コラム

国民統合へ手腕を発揮するフランスのマクロン大統領 国民議会選も第1党の勢い

2017年05月17日(水)16時00分
国民統合へ手腕を発揮するフランスのマクロン大統領 国民議会選も第1党の勢い

大統領選の勝利を喜ぶマクロンと妻ブリジット(5月7日) Masato Kimura

<「ポピュリズムに屈するのを拒んだ祖国を誇りに思う」と、マクロン支持者は言う。若き新大統領がその期待通り、右傾化の流れを断ち切り、分断を修復できれば、フランスは再び偉大になる>

[ロンドン、パリ発]フランスの大統領エマニュエル・マクロン(39)が動き始めた。欧州連合(EU)の中軸をなすドイツの首相アンゲラ・メルケルを訪れ、EUの結束を示したかと思うと、2024年夏季五輪・パラリンピック招致のため国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーにパリの魅力をアピールした。

【参考記事】フレンチ・パラドックスが生み落とす「親EU大統領」マクロン

オランド前政権とは一線

6月11、18日の国民議会選(下院、定数577)に備えて中道政治運動「前進!」を「前進する共和国」に衣替えした。政権のカギを握る首相には右派・共和党下院議員で北部ルアーブル市長も務めるエドアール・フィリップ(46)を抜擢した。マクロン新党には左派・社会党や中道からの合流が相次ぐが、共和党の切り崩しは難航している。

マクロンと同じ国立行政学院(ENA)を出たフィリップは、共和党内の予備選決選投票で敗れた元首相アラン・ジュペの側近中の側近。国民戦線党首(当時)ジャン=マリー・ルペンが決選投票に進んだ2002年の大統領選で、ジュペとともに右派勢力を合流させ、共和党の前身である国民運動連合(UMP)を創設したキーマンの1人だ。6年前からマクロンと親交があるフィリップは「マクロンと考え方を90%共有している」と公言していた。

【参考記事】フランス大統領選、勝者マクロンは頼りになるのか

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という格言通り、マクロンはまずフィリップを政権に取り込んだ。社会党から共和党に鞍替えした政治遍歴を持つフィリップは中道だけでなく左派と右派をひっつけるのに最適な人物。ジュペに対する強烈な秋波にもなる。

一方、オランド政権で首相を務めたマニュエル・バルスは「社会党は死んだ」と言ってマクロン新党への参加を表明したが、マクロン陣営から「リサイクル政治家は要らない」とバッサリ切り捨てられた。オランド政権で経済産業デジタル相を務めたマクロンだが、支持率4%と完全に国民の信頼を失った前政権とは明確な一線を引いている。

世論調査会社Harrisの質問に57%が「フィリップのことをよく知らない」と答えた。しかし、4月24日~5月1日に行われたOpinionWayの世論調査では、マクロン新党は共和党を中心とした中道右派勢力の200~210議席を抑えて、249~286議席を獲得すると予測されている。過半数の289議席まであと一歩だ。直近の世論調査でもマクロン新党の支持率は29%と一段と勢いを見せる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にしたリスク管理と「ダサい」デザイン

  • 4

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 7

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!