ニュース速報

ワールド

ブラジル中銀が25bp利下げ、追加緩和余地「わずか」

2020年08月06日(木)09時11分

 8月5日、ブラジル中央銀行(写真)は、市場の予想通り、政策金利を25ベーシスポイント引き下げ、過去最低の2.00%とした。ブラジリアで昨年10月撮影(2020年 ロイター/Adriano Machado)

[ブラジリア 5日 ロイター] - ブラジル中央銀行は5日、市場の予想通り、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の2.00%とした。その上で、追加緩和の余地はほとんどないか、全くないとした。

今回の利下げは、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受ける経済への対応策としては最も小幅なものとなった。政策当局者らはここ数週間、追加緩和は金融市場の不安定化につながりかねないとの見解を示してきた。

当局者らは今回の会合でも同様の懸念を示したが、追加緩和の可能性を完全には排除せず、景気回復を巡る不透明感が極めて強いことを浮き彫りにした。

金融政策委員会(COPOM)は「金融政策の緩和余地は、あるとしてもわずかだ」と指摘。今後の追加利下げはより穏健的なアプローチを伴い、インフレや公的支出の見通しに左右されるとした。

決定は全会一致だった。ロイター調査ではエコノミスト41人中35人が利下げを、6人が据え置きを予想していた。

政策当局者らは、最近の経済指標は「部分的な回復」を示しているとした上で、見通しは依然不透明で、緊急財政支援の縮小に伴い「特に今年末から」の不透明感は高いとした。

ドイツ銀行(ニューヨーク)の新興国市場調査部門責任者、ドラウジオ・ジャコメリ氏は「金融の安定性を巡るリスクを踏まえると、この水準では追加緩和の利点はほとんどないが、中銀は予想よりも、ややハト派的だった」と述べた。

「中銀は回復が緩やかになることやインフレリスクがかなり抑制されていることを認めている。政策正常化への圧力はなく、長期にわたり金利は据え置かれると予想する」とした。

ブラジルの経済成長率は今年、過去最大のマイナスを記録する見通しで、政府はマイナス4.7%、国際通貨基金(IMF)はマイナス9.1%を見込む。

中銀のカンポス・ネト総裁は、中銀予想のマイナス6.4%が悲観的過ぎるとの見解をこれまでに示している。

COPOMは今回、市場に基づく金利予想と1ドル=5.20レアルの想定為替相場を用いた「ハイブリッド」予想モデルで、今年のインフレ率は約1.9%、来年は3.0%になるとの見通しを示した。

6月には市場に基づく金利予想と1ドル=4.95レアルの為替相場を用いて、今年のインフレ率は約2.0%、来年は3.2%になる見込みとしていた。

中銀のインフレ目標は今年が4.00%、来年が3.75%。中銀は2022年にインフレ率が目標に近付くとみている。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

豪住宅価格、9月は5カ月連続で低下 メルボルン・シ

ワールド

オランダ、公共の場でのマスク着用推奨に方針転換 新

ビジネス

大企業製造業、17年12月以来の景況改善も反転力鈍

ビジネス

東証、障害復旧しないまま前場終了

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!