ニュース速報

ワールド

カタール外相「サウジとの膠着状態を打開」=CNN

2019年12月16日(月)19時01分

サウジアラビアなど4カ国が2017年にカタールとの断交を発表した問題で、カタールのムハンマド外相(写真)は15日、サウジとの長期にわたる膠着状態を打開したと表明、4カ国の要求を検討する考えを示した。ミュンヘン安全保障会議で2月撮影(2019年 ロイター/Andreas Gebert)

[リヤド 16日 ロイター] - サウジアラビアなど4カ国が2017年にカタールとの断交を発表した問題で、カタールのムハンマド外相は15日、サウジとの長期にわたる膠着状態を打開したと表明、4カ国の要求を検討する考えを示した。

ムハンマド外相はCNNに「意思疎通を図らない膠着状態を打開した。サウジとの意思疎通を再開する」と発言。「不満を理解し、不満を検証し、将来の潜在的な危機から身を守る解決策を検討したい」と述べた。具体的にどのような譲歩をするかには触れなかった。

サウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトの4カ国は2017年6月、カタールがテロを支援しているとして、同国との断交を発表。カタールは4カ国の主張を否定しているが、4カ国はカタールの衛星テレビ局アルジャズィーラの閉鎖、トルコ軍基地の閉鎖、イランとの外交関係縮小、イスラム組織「ムスリム同胞団」との関係断絶など13項目の要求を突き付けている。

ムハンマド外相は10月に予告なくサウジの首都リヤドを訪問していた。

同相は、4カ国がテロ組織とみなすムスリム同胞団とカタールの間に直接的な関係はないと主張。また、断交発表後にカタールを支援したトルコとの関係を変えるつもりもないと述べた。

解決にどの程度の時間がかかるのかとの質問には「まだ非常に初期の段階だと考えている。過去2年半に多くのことが起きており、信頼を再構築するには一定の時間が必要だ」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

第4四半期の台湾GDP、1年半ぶりの高い伸び

ビジネス

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で

ビジネス

緩和方向意識した政策当分続く、海外リスクへの警戒緩

ビジネス

マレーシア航空にエールフランスが49%取得提示、J

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!