ニュース速報

ビジネス

塩野義薬、コロナ治療薬「ゾコーバ」の臨床試験を新たに開始

2023年06月09日(金)16時15分

 6月9日、塩野義製薬は、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「ゾコーバ」について、臨床試験を開始し日本における最初の被験者の投与を行ったと発表した。写真はゾコーバ。提供写真(2023年 ロイター/Shionogi & Co Ltd)

[東京 9日 ロイター] - 塩野義製薬は9日、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「ゾコーバ」について、臨床試験を開始し日本における最初の被験者の投与を行ったと発表した。同社は8日付で、ゾコーバの緊急承認下での本承認取得に向けた製造販売承認申請を行っていた。

ゾコーバは新型コロナウイルス感染症の「オミクロン株」が流行した際、幅広い軽症・中等症患者を対象に臨床試験が実施され、同株に対する症状改善や抗ウイルス効果が確認されている。2022年11月に日本で緊急承認された。

今回の臨床試験では家庭内同居者(濃厚接触者)を対象に、ゾコーバを5日間投与した場合の有効性と安全性を検証する。日本、米国を中心に2200人の被験者が登録される予定。

2024年3月期の連結業績予想に与える影響については軽微としている。

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、大量破壊兵器に関する米戦略を批判

ビジネス

再送米8月求人件数961万件、予想外に増加 2年ぶ

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、長期金利の上昇を受けた米

ビジネス

米インテル、プログラマブル部門を来年1月分離 IP

MAGAZINE

特集:2023年の大谷翔平

特集:2023年の大谷翔平

2023年10月10日/2023年10月17日号(10/ 3発売)

WBCは劇的優勝、ケガで無念の離脱、そして日本人初本塁打王へ。激動の大谷イヤーを現地発の記事と写真で振り返る

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 2

    複数のドローンがロシア西部「ミサイル工場」を攻撃、その閃光と爆音を捉えた映像

  • 3

    メドベージェフが発した核より現実的で恐しい戦線拡大の脅し

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 6

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 7

    台湾初「国産潜水艦」がついに進水...中国への抑止力…

  • 8

    処理水批判の中国から日本に観光客は来て...いる? …

  • 9

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 10

    中国不動産バブル崩壊で地方役人は戦々恐々

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 5

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 6

    エリザベス女王も大絶賛した、キャサリン妃の「美髪…

  • 7

    ワグネル傭兵が搭乗か? マリの空港で大型輸送機が…

  • 8

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 9

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 10

    ウクライナ「戦況」が変わる? ゼレンスキーが欲しが…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 3

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 6

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 7

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 8

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中