ニュース速報

ビジネス

バイデン氏、EV関連予算の重要性訴え 「中国に出遅れ」

2021年05月19日(水)07時50分

バイデン米大統領はミシガン州にある自動車大手フォード・モーターの電気自動車工場を視察し、自身が掲げる1740億ドル規模の関連予算の重要性を訴えた。写真は5月18日、ミシガン州のフォード施設で試乗するバイデン大統領(2021年 ロイター/Leah Millis)

[ディアボーン(米ミシガン州)/ワシントン 18日 ロイター] - バイデン米大統領は18日、ミシガン州にある自動車大手フォード・モーターの電気自動車(EV)工場を視察した。自身が掲げる1740億ドル規模の関連予算の重要性を訴え、米消費者向けの排出ゼロ車を国内で生産するようメーカーに求めた。

「われわれはEVの新しいペースを作り上げる」とした上で、2兆3000億ドル規模の野心的な雇用・インフラ投資法案の成立を目指すとともに、トランプ前政権が「近視眼的」に進めた自動車排ガス規制の後退を覆すと約束した。

また、米国はEV分野で中国の後塵を拝しており、「未来への競争をリードするのか、それとも遅れをとるかの岐路に立っている。それはEVとそれに搭載するバッテリーを米国内で製造するのか、それとも他国に依存するのかということだ」と語った。

「自動車メーカーや他の企業は米国に投資し続ける必要がある。米公共投資の恩恵を利用して海外でEVやバッテリー生産を拡大すべきではない」と訴えた。

全米自動車労組(UAW)は、ゼネラル・モーターズ(GM)がEV生産向けにメキシコで10億ドルの投資を発表したことや、フォードが一部EVをオハイオ州ではなくメキシコで生産すると決定したことを批判している。

GMは、米国内のEV・バッテリー生産設備に対する90億ドルの投資や約9000人の新規雇用を最近発表したとしている。フォードのビル・フォード会長は18日のイベントで「(バイデン大統領は)この国でモノづくりをする重要性を理解している」とした上で、フォードは他の自動車メーカーより多くのUAW労働者を雇用していると述べた。

フォードはベストセラーの「F―150」ピックアップトラックのEV版を発表する予定で、米国が内燃エンジン車からEVに移行する上で鍵になると位置付けられている。

ホワイトハウスのファクトシートによると、バイデン氏は高級EVモデルを対象とした購入補助は行わない方針。

ホワイトハウスは、国内のEV増産の鍵となるバッテリー生産設備の新設を促したい考えだ。

バイデン氏の計画では「国内の大規模バッテリー設備新設を支援する費用分担のための補助金」や、閉鎖された工場の設備を一新し「先端車両や部品を生産」する際の補助金を提案している。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

スイスのピクテ・グループ、216年の社歴で初の女性

ワールド

トランプ氏一族の企業がNY市提訴、ゴルフコース契約

ワールド

原油先物は上昇、北海ブレント75ドル超 需要回復期

ビジネス

ビットコイン、アジア時間で持ち直す オーバーナイト

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊

  • 4

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中