ニュース速報

ビジネス

10月の世銀・IMF年次総会、オンラインで開催へ=世銀総裁

2020年07月07日(火)11時02分

 世界銀行のマルパス総裁は7月6日、世銀と国際通貨基金(IMF)の10月の年次総会をオンラインで開催すると表明した。写真はIMF、米ワシントンで2019年4月8日撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 6日 ロイター] - 世界銀行のマルパス総裁は、世銀と国際通貨基金(IMF)の10月の年次総会をオンラインで開催すると表明した。新型コロナウイルスの世界的大流行を受けた措置。加盟国宛ての書簡で明らかにした。

マルパス氏はまた、理事会への新たな理事選出を検討している国々に対し、性別多様性を考慮するよう促した。同氏によると、現在は25人の理事のうち、女性は5人にとどまっている。

マルパス氏は、新型コロナによる経済的影響への対応や途上国の回復支援に世銀として取り組む姿勢も強調。「新型コロナ危機と経済活動の停止は、近年実現してきた発展を大きく後退させ、数億人の人々を再び貧困に陥れる恐れがある」と警鐘を鳴らした。

その上で、世銀は100カ国以上で医療関連の緊急支援を承認し、途上国の民間部門に対し運転資金や貿易金融を提供していると指摘。

世銀の2020年度融資承認額は監査前の暫定ベースでおそらく約740億ドルと、19年度から大幅に増加する見通しとし、21年6月末までの15カ月間の融資総額は最大で1600億ドルに達するとの見方を示した。

最貧国の債務問題を巡っては、20カ国・地域(G20)が年内の返済猶予で合意しているが、マルパス氏は一段の取り組みが必要だとの考えをあらためて示した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国、米に第1段階の通商合意を履行する環境作り期待

ビジネス

欧州の航空旅客予測、前年比60%減に下方修正=IA

ワールド

モーリシャス座礁の長鋪汽船、賠償は「法に基づき誠意

ワールド

IEA、今年の石油需要予測を下方修正 航空燃料が低

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!