ニュース速報

ビジネス

IMF、融資枠巡りアルゼンチン次期大統領と協議の用意

2019年11月08日(金)12時04分

 11月7日、国際通貨基金(IMF)はアルゼンチンと合意している総額570億ドルの融資枠の今後について、フェルナンデス次期大統領といつでも協議する用意があると表明した。写真は2018年9月4日、ワシントンのIMF本部前で撮影(2019年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 7日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は7日、アルゼンチンと合意している総額570億ドルの融資枠の今後について、フェルナンデス次期大統領といつでも協議する用意があると表明した。ただ協議の日程は決まっていないという。

IMFのライス報道官はワシントンで行った定例記者会見で、「先方にとって都合の良い時期に協議に入る用意がある」と語った。

10月27日の大統領選で勝利したフェルナンデス氏は、緊縮財政策の痛みを軽減するため、IMFと融資プログラムの再協議を行うことを主な選挙公約に掲げていた。

フェルナンデス氏は7日に放映されたロシア国営テレビRTとのインタビューで、現状ではアルゼンチンに債務返済は不可能と発言。「アルゼンチン経済には回復が必要だ。生産性と輸出を回復させなければならない。それができれば、債務を支払う資金が獲得できる」と述べた。

その上で、「現在(わが国が)抱える債務を踏まえると、交渉は困難になるだろう」と付け加えた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ「エアロゾル」感染の恐れ、病院や飲食店な

ビジネス

ダウ・S&P反落、コロナ再拡大懸念で ナスダックは

ビジネス

ドル上昇、トランプ氏財務記録の開示命令など受け=N

ワールド

多国間協定と二国間協定、両立は利益相反に=USTR

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!