ニュース速報

ビジネス

ホンダ、22年までに欧州で全車電動化 目標を3年前倒し

2019年10月24日(木)08時03分

 10月23日、ホンダの幹部は欧州で販売する全ての車両を2022年までに電気自動車(EV)かハイブリット車にすると発表し、全車電動化の目標時期を3年前倒しした。2月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[アムステルダム 23日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の幹部は23日、欧州で販売する全ての車両を2022年までに電気自動車(EV)かハイブリット車にすると発表し、全車電動化の目標時期を3年前倒しした。

同社は先月、電動化を進めるため、2021年までに欧州でディーゼルエンジンを搭載した車両の販売を打ち切ると発表。[nL3N26E34F]

今年3月には、2025年までに欧州で販売する車両の100%電動化を目指すと発表していた。

ホンダのシニアバイスプレジデント、トム・ガードナー氏は23日、アムステルダムで、「われわれは2022年までに全車電動化を実現できるとともに、特別なものを提供できると確信している」と語った。

同地では、ホンダが欧州向け電動車「ジャズ」の新型モデルを発表した。

ガードナー氏は「欧州で大きな変化が起きているのを目の当たりにしている。きょう発表したのはそうした変化への当社の対応だ」と述べた。

また、「(そうした)市場が拡大していることも実感できている。環境関連の規制もより明確になりつつある。それが新たな完全電動車を開発する上で進む道だ」と語った。

欧州連合(EU)は新たなルールの下、自動車メーカーに対し、車が排出する二酸化炭素を来年から減らすよう求めており、違反すると罰金が科される。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

航空業界2500万人の雇用喪失も、渡航禁止などで=

ワールド

医療用品の輸出、制限しないよう引き続き米に要請へ=

ワールド

米超党派議員団、戦略石油備蓄の積み増しに向けた法案

ワールド

米、人工呼吸器備蓄は8675台、数週間中に11万台

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバングラデシュ

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 8

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!