ニュース速報

ビジネス

英中銀、追加利上げ検討前に「十分な時間」=テンレイロ政策委員

2018年01月16日(火)05時46分

1月15日、英中銀のテンレイロ金融政策委員は、昨年11月の利上げ以降、追加利上げを検討するまでに「十分な時間」があるとの見解を示した。写真は昨年10月、ロンドンの英中銀前で撮影(2018年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 15日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のテンレイロ金融政策委員は15日、昨年11月の利上げ以降、追加利上げを検討するまでに「十分な時間」があるとの見解を示した。

英中銀は11月の金融政策決定会合で10年ぶりとなる利上げを実施。12月の会合では金利据え置きを決定した。

テンレイロ委員は講演で、11月に実施した利上げ効果の影響を確認するため、12月の据え置き決定に違和感はなかったと指摘。「単位労働コストの伸びが依然抑制され、インフレがピーク近辺で推移している公算が大きいことを踏まえると、追加利上げを検討する前に、11月の政策変更の効果波及を見極めていく十分な時間があるとの見解に至った」と語った。11月の会合では利上げを支持した。

さらに、今後3年であと数回の利上げが必要となる見通しとした。

同委員はまた、生産性が弱い伸びにとどまるとの英中銀の予測に反し、力強く回復する可能性があるとの認識を示した。生産性の伸び低迷は主に金融・製造の2部門のみに集中しているほか、両部門は近い将来回復が見込まれていると指摘。さらに世界の景気加速に伴い、設備投資は拡大する可能性があるとの見通しを示した。

同時に、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に端を発する不透明性は生産性上昇の足かせになる可能性があると警告。「当然のことだが、企業は生産性押し上げにつながる投資や構造変化を一部遅らせるだろう」と語った。

そのうえで、たとえ英国の生産性が改善したとしても、金融危機前にみられた年率2%近辺の水準を取り戻す公算は小さいとした。

ロイターが12月初旬にまとめたエコノミスト調査によると、英中銀の次回利上げは2018年終盤との見方が大勢。ただ、一部では早ければ5月の利上げを予想する向きもある。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英政府、飲食店の需要喚起にキャンペーン 8月開始

ビジネス

米ウォルマート、医療保険事業に進出

ワールド

原油先物、強弱入り混じった材料でほぼ横ばい

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.9万人超増加 過去最

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!