ニュース速報

英CPI、7月は前年比+2.1%に加速 中銀目標上回る

2019年08月14日(水)19時30分

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は予想に反して加速し、イングランド銀行(英中銀)の目標を上回った。

7月のCPIは前年比2.1%上昇で3カ月ぶりの高い伸びとなった。6月は2.0%上昇だった。エコノミストの予想平均は1.9%上昇だった。

小売物価指数は前年比2.8%上昇。6月の2.9%上昇から鈍化し、エコノミストの予想と一致した。

7月に就任したジョンソン首相は、合意の有無にかかわらず10月31日に欧州連合(EU)を離脱すると表明。ポンドは対主要通貨で7月に2.4%下落し、今月に入って2016年10月以来の低水準を付けた。

クローズ・ブラザーズ・アセット・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、ナンシー・カーティン氏は「インフレ率は依然、中銀の目標付近にとどまっているが、ポンドの下落が続けば上昇する可能性がある」と述べた。

ONSは、7月のインフレ加速について、宿泊料金の上昇や衣料のセール価格が高めだったことが背景と説明。ポンド安が主因だったと判断するのは尚早だと指摘した。

コアCPIは前年比1.9%上昇。6月と同じく1.8%上昇とのエコノミスト予想を上回り、6カ月ぶりの高い伸びとなった。

それでも金融市場は、合意なき離脱リスクを踏まえ、英中銀の次の一手は利下げだと予想している。

生産者物価(PPI)もインフレ圧力の高まりを示した。

製造業の原材料コストに相当する投入指数は前年比1.3%上昇。6月の0.3%上昇から大幅に加速し、すべてのエコノミスト予想を上回った。原材料の3分の2は輸入品で、ポンドが下落すれば価格は上昇する。ただ、ONSは単月のデータでポンド安の影響を判断できないとしている。

完成品の価格に相当する産出指数は前年比1.8%上昇。6月の1.6%上昇、エコノミスト予想をともに上回った。

また、6月の住宅価格は前年比0.9%上昇、前月比では変わらず。ロンドンの住宅価格は前年比2.7%下落だった。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英就業者数、9─11月は1年ぶり大幅増 失業率は4

ワールド

新型肺炎の死者6人に、感染者は中国国外も合わせ30

ビジネス

アングル:日銀に広がる景気強気論、リスク要因多くF

ワールド

第2段階合意で関税の全面撤廃ない、米財務長官が見解

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!