ニュース速報

日本も参加する望遠鏡建設に抗議デモ、米ハワイ島

2019年07月20日(土)11時39分

[19日 ロイター] - 数百人のハワイ地元住民らが今週、日本も建設計画に参加する大型望遠鏡の工事着工に反対し、抗議デモを行った。ハワイ島マウナケア山の頂上に建設予定で、先住民にとって聖地とされる場所だ。当局は計画を進める意向を示している。約30人が道路の封鎖解除を拒否、警察に拘束された。

先住民によると、この計画は先祖や天国とのつながりに不可欠な場所を混乱させることになる。

抗議デモ参加者は「彼らは私たちの海を奪い、農地を奪い、毒をまいた。彼らは、私たちの海岸線を奪った」と話す。

当局は、計画を進めるため尽力しているとしているが、開始時期については明らかにしていない。

マウナケア山頂にはすでに望遠鏡がある。天文学者らは、宇宙を観測するのに世界でも最高の場所の1つだと考えている。

直径30メートル、建設費14億ドル(約1500億円)の望遠鏡は、世界で最も進んだ望遠鏡の1つになると期待されている。

4000メートル以上あるマウナケア山頂はハワイで一番高いところだ。天文学者にとっては最高のスポットだが、ハワイ先住民にとっても、天国に通じる場所としてつくられたと信じられている。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

  • 4

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 8

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 9

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!