注目のキーワード

経済学

Newsweekアーカイブ『経済学』に関する記事一覧

世界の85%が希望の時代、米欧日が不安の時代となった理由
経済超入門

世界の85%が希望の時代、米欧日が不安の時代となった理由

<問題は貿易の不均衡ではなく、希望の不均衡。欧米社会が不安に満ちあふれ、新興国が未来を楽観する新たな...

2017.12.28
TPPは「ルールブック」、崖っぷちでも自由貿易が死なない理由
経済超入門

TPPは「ルールブック」、崖っぷちでも自由貿易が死なない理由

<農作物、車など日本国内でも国民レベルで議論が起きるTPP(環太平洋経済連携協定)だが、これから一体...

2017.12.27
世界を動かすエコノミストたちの成績表、最低評価はあの人...
経済超入門

世界を動かすエコノミストたちの成績表、最低評価はあの人...

<経済学はノーベル賞まで用意される「高貴」な学問だ。経済学者は世界経済に大きな影響力を持つが、政治家...

2017.12.26
経済予測が当たらないのには、確かな理由がある
役に立たない?経済学

経済予測が当たらないのには、確かな理由がある

<ニューズウィーク日本版10月24日発売号(2017年10月31日号)は「役に立たない?経済学」特集...

2017.10.24
今年のノーベル経済学賞と暮らしの関係は?
経済学

今年のノーベル経済学賞と暮らしの関係は?

<今年の受賞者の研究対象は雇用関係や保険関係も含む「契約」なので、ほとんど誰もが当事者になる。ありふ...

2016.10.14
        
AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】

<AIの進化による雇用の消滅は否定しようもなく近づいている。経済学者の立場からこの問題に取り組む著者...

2016.07.21
        
日本の経済政策は、なぜ右派と左派でねじれているのか?
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の経済政策は、なぜ右派と左派でねじれているのか?

 前回のエントリ「なぜ日本には『左派勢力の旗手』が出現しないのか?」には多くの反響をいただきました。...

2016.02.09
「ブサイク」は救いようがない、と経済学者は言う(たぶん愛をもって)
BOOKS

「ブサイク」は救いようがない、と経済学者は言う(たぶん愛をもって)

『美貌格差――生まれつき不平等の経済学』(ダニエル・S・ハマーメッシュ著、望月衛訳、東洋経済新報社)...

2015.07.10
         
農業改革の焦点は「全中の廃止」ではない
エコノMIX異論正論 池田信夫

農業改革の焦点は「全中の廃止」ではない

 安倍政権の農業改革は、また竜頭蛇尾に終わりそうだ。政府の規制改革会議が5月にJA全中(全国農業協同...

2014.06.11
         
21世紀にマルクスはよみがえるか
エコノMIX異論正論 池田信夫

21世紀にマルクスはよみがえるか

 今アメリカで、マルクスがブームになっている。『21世紀の資本論』と題する700ページ近い専門書がア...

2014.05.07
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら