最新記事

北朝鮮

北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」少年が集団死していた

2021年5月6日(木)19時01分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載
万景台革命学院を訪問した金正恩(2017年)

万景台革命学院を訪問した金正恩(2017年) KCNA -REUTERS

<エリート養成機関の万景台革命学院で高熱や咳、呼吸困難などの症状を訴える生徒が続出。12人が死亡していた>

抗日パルチザンの子孫など、特権層の子女だけが入学を許される北朝鮮のエリート養成機関の万景台(マンギョンデ)革命学院。康盤石(カン・バンソク)革命学院などと並び、「金氏王朝」とも呼ばれる北朝鮮の現体制を支える「赤い貴族」のためだけに存在する教育機関だ。

朝鮮人民軍の所属だけあって軍隊式の教育が行われ、卒業後は軍の軍官(将校)として任官し、退役後には最高学府の金日成総合大学への入学推薦が得られる。この学校の存在は、万民が平等であるはずの北朝鮮が、実は徹底した階級社会であることの証左でもある。

その入学試験を巡って、黒いカネが飛び交うところも、今の北朝鮮を表している。

(参考記事:女性少尉に「性上納」を強い続けた、金正恩「赤い貴族」の非道ぶり

そんな学校で昨秋、新型コロナウイルスのクラスターが発生したことが、今になって明らかになった。

デイリーNKの内部情報筋によると、クラスター発生の事実は、4月初めに行われた人民軍党(朝鮮労働党朝鮮人民軍委員会)の総会で報告された。

万景台革命学院は、昨年10月10日に開催された軍事パレードに生徒を参加させるために、昨年5月から生徒に練習をさせていた。そんな最中の同年9月、高熱、咳、呼吸困難、下痢、喀血など新型コロナウイルス感染を疑わせる症状を見せ、倒れる生徒が続出した。結局、基礎疾患を抱える生徒を中心に12人が死亡した。

コロナ感染との見方が既成事実に

学院側は、軍事パレードの練習のために充分に睡眠時間が確保できず、免疫が低下して病気になったようだと、責任逃れを図った。死因は敗血症肺炎などとされているが、軍当局内ではコロナ感染によるものであったとの見方が既成事実となっているようだ。

今回の総会の総和(総括)では、「革命遺児女(抗日パルチザンの子孫)を集団死させたのは大事件だ、この事態を掌握、統制できなかった院長にも責任がある」「園児(生徒)が集団生活を行う万景台革命学院が伝染病の防疫にさらに徹底的に臨むべきなのに、重い欠陥が現れた」などと批判が提起された。

そしてオ・リョンテク院長に対して、少将から大佐に降格させる処分が下された。しかし、3ヶ月もすれば元に戻るだろうと、情報筋は見ている。

オ・ジェウォン初代院長の息子であるオ・リョンテク院長は、2012年1月に金正恩総書記が現地指導に訪れた際、1時間に渡って単独談話(案内)した人物で、そのときに「贈り物の星」、つまり階級を下賜された。

それにより大佐から少将に進級したが、受け取ったのが「贈り物の星」であったことから、実際には2階級特進の中将の待遇を受けてきた。

宴会自粛などの防疫方針も破っていた

クラスター発生の責任を取らされながらも、依然として院長の座に留まっている。また、金正恩氏から「父親から受け継ぎ、命の尽きる瞬間まで革命の後備隊の園児たちの責任を負う仕事を私とともにやろう」との言葉を直々にかけられたことから、3ヶ月ほどすれば元の少将の階級に戻されるだろうと、情報筋は見ている。

(参考記事:北朝鮮軍「コロナ隔離施設」で4000人死亡か

一方で、万景台革命学院内の病院長、後方副院長、死者を最も多く出した大隊の長と政治指導員は除隊させられ、学院から追放となった。

オ院長は宴会自粛、冠婚葬祭も減らせとの防疫方針が下された後にも、それを破って様々な行事に参加していたことがわかった。万景台革命学院の政治委員が高級レストランの清流館を2日間貸し切りにして、子どもの結婚式を行なったが、院長のみならず部下全員が参加した。院長はこれについても別途、党から処分を受け、政治委員は大佐から上佐に降格処分を受け、党から厳重警告を受けた。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 5

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中