最新記事

欧州

「ドイツによる平和」の時代へ

The Dawn of Pax Germanica

2016年11月25日(金)10時30分
ポール・ホッケノス(ジャーナリスト)

Fabrizio Bensch-REUTERS

<アメリカの路線転換に困惑するヨーロッパ諸国。ドイツが自由と民主主義擁護の新たな主導者に?>(写真:オバマ後の世界をリードするのはメルケル〔写真左〕なのか)

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は米大統領選の翌日、勝者となったドナルド・トランプへの祝辞を発表した。そのメッセージは、ヨーロッパのほかの首脳とは一線を画している。

 メルケルは追従を言うことも冷たい態度を取ることもなく、ごく冷静な口調で「ドイツとアメリカは共通の価値観で結ばれている」と語った。「民主主義、自由、法の尊重。出自や肌の色、宗教、性別、性的指向、政治的信条を問わないあらゆる人間の尊厳。そうした価値観に基づいた上で、アメリカの次期大統領に緊密な協力を申し出ます」

 これは祝辞の形を借りた説教だとの意見もある。米大統領選中、ひどい言動をした問題児を、巧みな言い回しで叱責した、というわけだ。

 だが、こうした見方は間違っているようだ。ドイツ政府関係者によれば、メルケルにはトランプと対決するつもりも、倫理の守護者を気取るつもりもない。

 では、真意は何か。米独の協力という戦略的提案をすること、協力が実現する条件を示すことだ。メルケルは、アメリカがドイツと、ひいてはヨーロッパ全体と良好な関係を維持する方法は単純だと説いている。欧米の基本的な理念や価値観を守り続ければいいのだ、と。

【参考記事】トランプ氏が英国独立党党首ファラージを駐米大使に指名?ーー漂流する米英「特別関係」

 つまりヨーロッパは今もアメリカと、北大西洋地域をはじめとする各分野で緊密に協調することを重視している。ただし、両者の協調関係は従来路線と懸け離れた形ではあり得ない。

 次期米大統領がトランプに決まった今、ヨーロッパ各国、なかでもドイツは新たな世界像と向き合い、ひたすら困惑している。政界関係者が認めるように、トランプ政権の動きは予想がつかず、最悪に備える必要がある。

「トランプの勝利で、ドイツはブラックホールの入り口に立たされている」と、南ドイツ新聞のシュテファン・ブラウンは言う。「ベルリンの壁の崩壊を上回る影響があるかもしれない」

 ドイツの日刊紙フランクフルター・アルゲマイネの発行人、ベルトルト・ケーラーはこう警告した。「トランプが公約どおりの外交政策を展開したら......既に不安定な状態にある大西洋同盟、および西側世界の地政学的構造は革命に直面する」

 ドイツとその指導者であるメルケルは今後、ヨーロッパの代表として、第二次大戦以降の世界秩序の基盤となってきた欧米同盟の規範や価値観の擁護者として、国際関係の最前線に立たされることになりそうだ。

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

ビジネス

外貨建て債券5割増、海外クレジットも積み増し=朝日

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月