最新記事

英王室

メーガン妃はエリザベス女王に「取り入る方法」を知っていた

Meghan Markle Knew 'How to Butter Up the Queen'

2024年03月03日(日)08時25分
ジャック・ロイストン
メーガン妃とエリザベス女王

Jim Clarke/Pool via Reuters

<先月刊行された新刊でエリザベス女王がウェディングドレスの色を疑問に思いつつも、メーガン妃を気に入っていたことが記されている。メーガン妃はどのように「女王のお気に入り」になったのか>

チャールズ国王と母エリザベス女王の関係を描いた新刊『My Mother and I(母と私)』の中でエリザベス女王がメーガン妃のウェディングドレスを「あまりにも白すぎる」と感じていたことに言及されていることで話題を呼んでいる。

【関連写真】女王もびっくり...「純白すぎる」メーガン妃のウェディングドレス を見る

 
 

しかし、メーガン妃とヘンリー王子夫妻とイギリス王室との間に亀裂が入っているにもかかわらず、女王がメーガン妃を気に入っていたことに関する描写も含まれていることも注目に値する。

著者のイングリッド・スワードによると、メーガン妃はエリザベス女王に「取り入る方法を知っていた」と言い、他の王族たちとは異なり、定期的に女王に電話をかけていたという。スワードは本誌に次のように語った。

「女王がメーガン妃が好きだったと聞いて驚きましたが、本当にそうでした。他の人がメーガン妃をどう思おうとも、賢い女性です。女王に取り入る方法を完璧に知っていたのです。ヘンリー王子も、そのことを犬を通じてほのめかしています」

ヘンリー王子は2017年11月の婚約会見でメーガン・マークル(当時)に対して「[女王の愛犬である]コーギーたちはあなたにすぐになつきましたよね」と言い、それに対して「ティータイムに足元でくつろいでいました。とても可愛らしかったです」とメーガン・マークルは付け加えている。

【関連写真】婚約会見時の今にも脱げそうなメーガン妃のぶかぶかパンプス を見る

スワードは次のように述べる。

「おそらくメーガン妃はバッグの中に犬用のおやつを入れていたのではないでしょうか。(略)いつもヘンリー王子には吠えかかっているにもかかわらず、メーガン妃のまわりにすべての犬が集まったというのですから」

実際には女王は夫妻とはそれほど会っていなかったようだが、女王の子供たちがあまりしない電話をいかにもアメリカ人らしくメーガン妃はかけていたという。

そしてメーガン妃もそれが重要であることを知っていたので連絡を取り続け、それがメーガン妃の母ドリア・ラグランドさんと女王の面会につながったとスワードは述べる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 3

    ジョージ王子とシャーロット王女が「完全シンクロ」…

  • 4

    キャサリン妃は「セレブ」なのか?...アメリカ人が理…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃がついに「成功の波」に乗った!?...「追い…

  • 4

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル