最新記事

性暴力

「エプスタインに襲われた過去」と向き合って声を上げる...深い傷を癒やす私の戦い

I’m a Jeffrey Epstein Survivor

2024年03月03日(日)09時15分
テレサ・ヘルム(性的搾取告発センター生存者支援コーディネーター)
テレサ・ヘルム

自分の過去に向き合い、新たな被害者の支援に取り組むテレサ・ヘルム NCOSE, ARTISTE2D3D/SHUTTERSTOCK (BACKGROUND)

<「旅するセラピスト」という仕事にだまされて稀代の性犯罪者のもとに送り込まれた過去を、性犯罪の撲滅を訴えることで乗り越えていく>

マッサージセラピストの卵だった私は、2002年にオハイオ州の学校からロサンゼルスの学校に移り、通学しながら仕事もしていた。

ある日、仕事をくれるという女性を同級生から紹介された。サラ・ケレンという名で、当時の私は知らなかったが、実は悪名高い性犯罪者ジェフリー・エプスタインのアシスタントだった。

「旅するマッサージセラピスト」って仕事なの、専属シェフのいるプライベートジェットで世界を飛び回れて、ボスは素敵な女性なの。サラはそう言った。夢みたいだった。

私はすぐにニューヨークへ飛び、素敵なボスになるはずのギレーヌ・マクスウェルの自宅を訪ねて面接を受けた。彼女は知的で親しみやすく、私はすっかり彼女を信用し、こんな上司の下で働けたら最高だと思った。

この時点で、私はもう十分に「飼いならされ」ていた。だから面接の最後にエプスタインという男に会えと言われても逆らえなかった。むしろ、それで「旅するセラピスト」の夢がかなうと信じた。

私はエプスタインの家に行った。彼はまだ食事中で、専属シェフもいた。気軽な会話を楽しんだ後、「オフィス」に場所を移そうと言われた。

その「オフィス」には有名人の写真がいっぱい飾ってあって、そこで面接みたいなことが始まったけれど、途中で世界が暗転した。彼は私を性的に暴行した。私は逃げ出し、二度と戻らなかった。

恐怖と混乱、自責の念と恥ずかしさに押しつぶされた。ロサンゼルスに戻ってからも誰にも言えなかった。もう目の前が真っ暗だった。

ようやく救いが見えたのは、5年余りたって息子が生まれたときだ。母として生きなくちゃと思うと、少しは元気が出て前を向けた。

性の売買と搾取の撲滅を

癒やしのプロセスには、山もあれば谷もある。忘れたいと思っても、そうはいかないこともある。そんなときにエプスタインの悪事が暴かれ、世界中で大騒ぎになった。

チャンスだ、と私は思った。この機会に自分の過去と正面から向き合って声を上げよう、そうすればきっと自分を取り戻せる、と。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 3

    ジョージ王子とシャーロット王女が「完全シンクロ」…

  • 4

    キャサリン妃は「セレブ」なのか?...アメリカ人が理…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃がついに「成功の波」に乗った!?...「追い…

  • 4

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル