最新記事

アイドル

10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

2022年08月03日(水)19時02分
ジェニファー・マノンド

@newjeans_official/Instagram

<ファーストミニアルバム「NewJeans」でデビューした新人アイドルグループだが、その曲の歌詞が「未成年が歌うには性的すぎる」との批判が>

韓国の新人ガールズグループ「ニュージーンズ(NewJeans)」の曲「クッキー(Cookie)」の配信が、8月1日に始まった。しかし、10代のメンバーで構成される彼女たちに歌わせるには、歌詞が性的すぎるのではないかという理由で反発を招くこととなった。

■【動画】10代には「性的すぎる」とされたCookieのミュージックビデオ

問題の曲は、韓国の大手芸能事務所HYBE Corporationの公式ユーチューブページでリリースされた「クッキー(Cookie)」。プロデューサーは、K-POP界の敏腕アートディレクターとして知られ、HYBEの新レーベル「ADOR」のCEOを務めるミン・ヒジンだ。

クッキーのミュージックビデオが公開されると、多くのオンラインユーザーが、この曲は女性器に言及しており、年齢にそぐわないと異議を唱えた。ニュージーンズのメンバーは、14~18歳の5人だ。

問題となった歌詞は韓国語だが、訳すと以下のようになる。「小さなクッキーをつくった/あなたのために焼いた/チョコレートチップを/いっぱいにちりばめたい/あなたをおなかいっぱいにしたい/ほしいなら、あげる、ほしいなら/あなたの声をもう一度聞かせて」

「クッキーは女性器の隠語だ」

あるツイッターユーザーは、未成年のメンバーを心配しながら、次のように書いている。「ニュージーンズのクッキーの歌詞? 『私のクッキーを見て。こっちに来て、見て』、『ほしいんでしょ?』、『あなたが食べるところを見たい』、『私のクッキーを食べて』だって」「ミン・ヒジンはもう終わっているんじゃない? 本当に...」

別のユーザーは、次のように投稿している。「クッキーは女性器の隠語なんだから、私のクッキーと連呼されたら、かわいくて純真には聞こえない。歌詞を書くときは、あらゆるファンからの解釈を意識し、誤解を避ける必要がある。彼らは無責任なのか、それとも、むしろ下品さを狙っていて、それを隠すための言い訳を用意しているだけなのか」

次のように書くユーザーもいた。「この歌詞を承認し、彼女たちに歌わせた人物は最低だ。人々は心配している。特に、CEOが(未成年の少女の写真の扱いについて)非難を浴びた後だから」

一方、この曲を韓国語で聴くと、下品というわけではないという声もある。

あるファンは、「クッキー」という言葉について次のように説明している。「クッキーは、彼女たちのアルバムのことだ。韓国では、『CDをつくる』ことを『CDを焼く』とも言う。彼女たちはクッキー(=CD)を焼き、私たちはそれを求め続けるという意味なんだ」

別のユーザーはこう書いている。「歌詞の一部については、居心地悪く感じた(あまりに大人びているから)。この曲は、『こっちに来て(私が焼いた)クッキーを見て』という歌詞で意味を変えようとしているけど」
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 2

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売