最新記事

ファクトチェック

「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専門家、じゃああの汚れの正体は?

2022年06月29日(水)16時40分
田中ゆう

YouTube/Eyewitness News ABC7NY

<巷で話題の足裏パッド(デトックスフットパッド)。毒素を排出する科学的証拠はない。むしろ効果がないことが証明されている...>

足裏パッドを貼って一晩寝ると、あら不思議。パッドにべっとりと「毒素」が排出されている!

巷で流行中の足裏パッド(デトックスフットパッド)。美容に敏感な界隈では5年前くらいからじわじわと広まっていたが、ここにきてTikTokerやYouTube配信者がこぞって取り上げている。

foodpad-fc-220629nww02.jpg

翌朝剥がすと真っ黒に変色している YouTube/Eyewitness News ABC7NY

パッドの使用前後の汚れのビジュアルインパクトが強く、SNSでは「毒素」を吸い出し、むくみが取れる、と謳う投稿が多く拡散されている。

4月21日にシェアされたFacebookのある投稿(現在は閲覧できなくなっている)にはこうあった。「クレンジングフットパッドは、寝ている間に貼るだけで速い効果を得られます」「炎症を抑え、体をほぐし、すべての不純物を取り除いて身体を解毒します」

ここでひとつの疑問が浮かぶ。

この「毒素」とされる汚れの正体だ。たった一晩で、体に溜まった悪いものが足裏のパッドに吸い込まれるものか? と。米USA TODAYが「毒素」の真相を探った。

信頼できる証拠はありません

専門家曰く、足裏パッドが体内の毒素を排出することを裏付ける、信頼できる証拠はない。

そう、この足裏パッドの効能に関する科学的データはほぼ皆無なのだ。

米イリノイ州にあるノースウェスタン大学ファインバーグ医学部の皮膚科副医長、ムラド・アラム博士は、「(足裏パッドの)一番のウリは、重金属などの毒素を排出するというものだが、これはほとんど証拠がない主張だ」と語る。

また足裏パッドが黒く変色するのは、一晩で体から排出された毒素だとSNSで広まる噂についても否定している。

「色が変わるのは、汗が足裏パッドに含まれる化学物質と反応したとしか考えられない」と、アラム博士。

「足裏パッドには酢のような化学物質が含まれており、おそらく足裏パッドに影響を与える水分(汗)との化学反応に過ぎない」

効果がないことを証明する証拠はある

Journal of Heavy Metal Toxicity and Diseases誌は2018年に、足裏パッドが金属を体外に排出するかどうかを調査したレポートを掲載している。

実験では53人の参加者を対象に、使用前と使用後のパッドに含まれる金属の有無を調べた。結果、「足裏パッドは金属の排泄を誘導しなかった」と結論づけた。

同様の報告は他にもある。2008年、米国のナショナル・パブリック・ラジオは、使用済みのフットパッドと未使用のフットパッドを研究所に送り分析したが、使用済みと未使用のパッドに大きな変化は見られなかった。

「足は解毒器官ではない」

人間の体には、外部機器を使わなくても、不要な物質をろ過して排出する機能が備わっていると、専門家は指摘する。肝臓、腸、腎臓、そして表皮(皮膚)にある汗腺が毒素を除去している。

ジョージタウン大学薬学・生理学教授のAdriane Fugh-Berman博士は、「足は解毒器官ではない」と言う。「汗からは、腎臓や肝臓に比べて老廃物はほとんど排出されません」

2010年、米国連邦取引委員会の要請を受けた連邦判事は、『Kinoki Detox Foot Pads』の販売業者に販売禁止を言い渡した。連邦取引委員会によると、「足裏パッドが体内の有害物質を除去するという科学的根拠があると偽っていた」という。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

OPECプラスの減産合意、相場安定への貢献期待=イ

ワールド

北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発、1発は変則軌道 1

ビジネス

フィッチ、英格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ

ワールド

若田さん搭乗の宇宙船が打ち上げ、米ロ同乗で宇宙協力

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売