注目のキーワード

最新記事

セレブ

キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

Twitter Reacts To Kim Kardashian's Deleted Bikini Photo

2022年01月27日(木)20時51分
キャサリン・アルメシン

カーダシアンがアップし直した写真 Kim Kardashian West/Instagram

<ソーシャルメディアにたびたびセクシーな自らの姿を投稿しているキム・カーダシアンだが、今回の写真は「いびつすぎる脚の形」が望まぬ形で注目を集めてしまった>

実業家であり、「お騒がせセレブ」としても名高いキム・カーダシアンが、またもやネットを騒然とさせている。インスタグラムに投稿した自身のビキニ姿の写真が「修整し過ぎ」と話題になり、写真を削除する羽目になったのだ。

先日、カーダシアンは黒い水着を着たセクシーなショットをアップした。だがネットで注目を浴びたのは、その新しい水着でも、彼女の美しさでもなく、右ひざの裏が不自然にカーブしていることだった。地面に映った影と見比べると、彼女の脚は細すぎ、形もいびつに見える。これに「キム、右脚はどうなっているんだ」といったコメントが寄せられた。

彼女は、自らの脚を細く見せるためにフォトショップで加工したに違いない──こうした反応が起きると、カーダシアンは即座に投稿を削除し、話題となった「失敗」写真を除く数枚の写真を再度アップした。だが残念ながら、その時にはすでに「失敗」写真をスクリーンショットに撮ってしまったフォロワーが何人もいたようだった。

今回の騒動を、ネチズンたちは大いに楽しんでいるようだ。彼女が今回のような「加工」騒動を起こしたのは、これが初めてではないからだ。すでにカーダシアンのフォトショップ技術はプロの域だと思っていた、とからかう人もいた。彼女と同様にお騒がせセレブとして知られるカーダシアン家の姉妹たちによる嫌がらせではないかと考える人もいた。

「彼女は素晴らしい。それが真実」

「彼女をこの道のプロだと思ってたみたいだね(笑)」や、「影は嘘をつかない」、「彼女の妹の誰かか、彼女に不満を持っているスタッフの誰かによる妨害活動だ」といった声が上がった。

一方で、カーダシアンを変わらず支持し続ける人も多い。フォトショップで加工しているかどうかに関係なく、彼女は素晴らしいとする人々だ。「彼女は素晴らしく見える。これが真実だ」「彼女はとても美しく、ゴージャスだ。醜くて太っているなどと言うすべての人にF--kだ」

とはいえ、当のカーダシアン本人は、すでに今回の騒動などなかったかのように、新しいビジネスの宣伝に注力している。インスタグラムでも、バレンタインデーに向けて「KKWフレグランス」の新しいコレクションに関する投稿を連発している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

原油先物は下落、景気懸念が重し 供給逼迫で下値は限

ワールド

デンマーク首都のモールで銃撃、3人死亡 22歳男訴

ワールド

インド、ストローなど使い捨てプラ禁止、最大の公害要

ビジネス

東電HDが新高値、猛暑やサハリン2で原発再稼働に思

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売