最新記事

ミスコン

女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優勝する時代に

2019年12月25日(水)16時45分
安部かすみ

「ミス・ワールド」2019で優勝したジャマイカ代表のトニアン・シンさん Henry Nicholls-REUTERS

<ミス・ワールド、ミスユニバース、ミスアメリカ、ミスUSA、ミスティーンUSAと5大会すべてにおいて、黒人女性が世界一の美の頂点に立った......>

ビューティー・パジェント(美のコンテスト、ミスコン)世界4大大会の一つ「ミス・ワールド」が12月14日にロンドンで開催され、2019年の世界の美の頂点として、ミス・ジャマイカのトニアン・シンさんが選ばれた。

そこでは、最後まで共に競い合ったライバルのミス・ナイジェリアのリアクションが話題になった。ミス・ワールドの発表と共に、飛び上がって小躍りした女性は実は優勝者ではなく、ファイナリスト5人のうちの1人だったミス・ナイジェリアのニカシ・ダグラスさん。優勝を逃したものの、シンさんの勝利を自分のことのように喜んだ。

The Sweet Way Miss Nigeria Celebrated Miss Jamaica's Win


その後のインタビューで、ダグラスさんは歓喜の理由について「シンさんが素晴らしい女性で、期間中自分をサポートしてくれていたから」と語った。ダグラスさんの反応についてツイッターでは、「思いやりと友情にあふれた人」と賞賛の声が上がった。

年代によって変わる美のトレンド

日本代表が、世界4大大会の1つで世界の頂点に立ったのは、森理世さんがミス・ユニバースで優勝した2007年と10年以上前のことになる。その前年には同じミス・ユニバースで、知花くららさんも準ミスに輝いている。しかし「美」の基準やトレンドは、年代とともに変わってくるようだ。

そして2019年は異例とも思えることが起こった。それは先述のミス・ワールド(本部はイギリス)に加えて、米国が主導するミスユニバース、そして米国内のミスアメリカ、ミスUSA、ミスティーンUSAと5大会すべてにおいて、黒人女性が世界一の美の頂点に立ったのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国の電池工場火災、CEOが謝罪 「安全規則は全て

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、中国で承認取得

ワールド

モディ印首相、7月にもロシア訪問 両国が調整=RI

ワールド

朝鮮戦争勃発から74年、北朝鮮はなお軍事境界線の防
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…

  • 2

    「誠意のない男たちと有毒な関係を重ねた」米歌手が…

  • 3

    女性医師が診るほうが死亡率が低い結果に【最新研究】

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 3

    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「内なるエリザベス女王」を引き出した...シャーロッ…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:小池百合子の最終章

特集:小池百合子の最終章

2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界