最新記事

アルコール

地ビール男爵に乾杯!

「高品質のアメリカ産ビール」を実現した小さな醸造業者の底力

2010年7月9日(金)13時02分
ジョシュ・ハイアット

 ジム・クックは、小さな会社が大会社に挑戦する話が大好きだ。輸入チーズに対抗するアルチザン(職人技)チーズ、大手酒造メーカーを挑発する酒造家、ビール業界の巨人を本格的な味と巧みなマーケティングで押しのける地ビール醸造業者。

 最後の話は自分のことだ。クックは84年にボストン・ビール社を設立し、サミュエル・アダムズ・ボストン・ラガーを発売した。

 当時、地ビール醸造業者(製造量が年間200万バレル=3億1800万リットル未満の業者)は全米で10社足らず。ビール売り場はミラー・ビールやアンハイザー・ブッシュのブランドに占領されていた。それが09年には、ビール醸造協会によると全米で1500社に達し、総販売量の約4・3%を占めるまでになった。

 サミュエル・アダムズはクラフトビール(地ビール)の元祖ではないが、最も成功している(クックに言わせれば「アップルも最初にパソコンを作った会社ではない」)。09年の売り上げは4億1500万ドルと、アメリカ最大の地ビールメーカーになった。

 「ビールを造りたいと思っていたすべての起業家のために革命を起こした」と、ブラッドリー大学(イリノイ州)で起業活動を教えるジェリー・ヒルズ教授は言う。

原点は高祖父のレシピ

 自宅の台所でビールを造り始めた頃、クックはまだボストン・コンサルティング・グループに勤務していた。ハーバード大学で3つの学位(文学士、経営学修士、法学博士)を取得した彼には、ビール造りの血が流れている。先祖から代々ビール醸造を営んでおり、クックは高祖父のレシピを使った。

 間もなく25万ドルをかき集めて会社を設立した。ビールの名前の由来はマサチューセッツ州ボストンで活躍した建国の父の1人。生産はペンシルベニア州ピッツバーグの大手醸造所に委託し、大半の小規模醸造業者より品質管理をしやすくした。「『高品質のアメリカ産ビール』はあり得ないと思われていた」と、クックは語る。「醸造業の家に生まれた私は、そんなことはないと知っていた」

 最初はラベルもない瓶を、冷却パックと一緒にかばんに入れて売り歩いた。クックはまくし立てるようにバーテンダーを口説いた。「この新しいビールを飲んでみてくれ。少しずつ手作りしているんだ。きっと気に入るよ」

 大手醸造業者に真っ向から勝負し、テレビやラジオの宣伝、街頭の看板に大金をつぎ込んだ。ラベルに賞味期限を読みやすく明記して、ほかのビールは古くて気が抜けているかどうか消費者に分かりにくいと強調した。

 「セクシーな双子や動物がしゃべるアニメで宣伝する代わりに、彼はビールの品質について語った」と、95年にドッグフィッシュヘッド・クラフトブルワリーを設立したサム・カラジョーネは言う。

 ただし、地ビール醸造業者の仲間からも常に歓迎されたわけではない。当初は自前の醸造所を持たなかったことへの反発もあった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英GDP、6月は予想上回る前月比0.6%減 景気後

ワールド

来夏以降の電力安定供給のため、さらなる原発再稼働は

ビジネス

日野とトヨタを米国運送業者が提訴、トラック不正で損

ワールド

東京都で2万0401人の新型コロナ感染確認、30人

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月