ニュース速報
ビジネス

インタビュー:赤字の中国事業「着実に利益を上げる形に」=荻野・大和証G社長

2024年05月28日(火)09時45分

 大和証券グループ本社の荻野明彦社長は赤字が続く中国事業について、投資銀行の競合各社が事業を縮小する中でも黒字転換を目指す考えを示した。5月24日撮影(2024年 ロイター/Miho Uranaka)

Miho Uranaka Anton Bridge

[東京 28日 ロイター] - 大和証券グループ本社の荻野明彦社長は赤字が続く中国事業について、投資銀行の競合各社が事業を縮小する中でも黒字転換を目指す考えを示した。企業の合併・買収(M&A)の仲介などに力を入れる。

4月に就任した荻野社長はロイターとのインタビューで、「今のビジネスベースでしっかりと着実に利益を上げる形に持っていく」と述べた。

経済が低迷する中国では昨年以降、ゴールドマン・サックスやHSBC、モルガン・スタンレーなどが相次ぎ投資銀行部門の人員を削減。野村ホールディングスも人員規模を縮小している。

荻野社長は、中国投資銀行のビジネスは足が長いとし、「今手掛けている案件が市場に出てくるころには、ある程度(市場の)改善に期待できる」と語った。

一方、足元では中国(香港・中国本土)株が復調傾向にあり、景気の底入れ期待も出てきている。新たに中国に参入する動きもみられ、関係者によると、シティグループは年内にも100%出資の投資銀行部門の立ち上げを目指す。3月には中国政府が外国企業を国内企業と同じように扱うことを決めており、外資の参入が進む可能性がある。

大和証券Gは2004年に合弁事業の形で中国に参入したが、主導的に経営を進めることを制限する規制が運営上の壁となり、10年後に撤退。20年末に51%を出資する合弁証券を設立して再参入した。日系では唯一証券業務ライセンスも取得した。ただし、参入から日も浅いこともあり赤字が続いている。

ここ最近は米中関係の悪化を受けて日系企業が中国戦略を見直す中、事業のリストラや撤退に関する助言業務などの需要が盛り上がったが、荻野社長は「特需」と説明。中国事業の主力は新規株式公開(IPO)など投資銀行業務だとし、先週公表した新中期経営計画では、M&A分野でグループの連携を強める考えを示した。

中国の政治リスクについては常に考えているとする一方、「市場そのものがなくなるわけではない」と指摘。「状況を見極め、何かコンティンジェンシー(不測の事態)が起きれば対応せざるを得ないが、ビジネスとしては普通にやっていける」と述べた。

*24日にインタビューしました。

*写真を差し替えて再送します。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中