ニュース速報

ワールド

来夏以降の電力安定供給のため、さらなる原発再稼働は重要=西村経産相

2022年08月12日(金)17時41分

西村康稔経済産業相は12日、ロイターなど報道各社のインタビューに応じ、来年夏以降の電力の安定供給のためにも、さらなる原子力発電所の再稼働は重要との認識を示した。 写真は8月10日、東京で撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - 西村康稔経済産業相は12日、ロイターなど報道各社のインタビューに応じ、来年夏以降の電力の安定供給のためにも、さらなる原子力発電所の再稼働は重要との認識を示した。

岸田文雄首相は7月14日の会見で、電力需給が再び逼迫する恐れがある今年の冬は、原子力発電所を最大9基稼働させる方針を示した。

西村経産相は「安全性の確保を大前提として、安全対策工事の加速、定期検査の期間を調整するということも含めて、最大9基の稼働を確保できるように、事業者とも連携しながら着実に取り組んでいきたい」と述べた。

そのうえで、来年夏以降の電力の安定供給を見据え「原発のさらなる再稼働は重要という認識を持っている」と語った。

また、カーボンニュートラル実現のためにも「原子力を含むあらゆる選択肢を追求していく」とした。

<次世代半導体の研究拠点、秋頃ごろめどに決定>

日米両政府は7月に開いた外務・経済担当閣僚会合(経済版2プラス2)で、次世代半導体の共同研究センターを設立することで合意した。

西村経産相は「次世代半導体の研究拠点は秋ごろめどに決定したい」と述べた。研究拠点は、国内の英知を結集していくものとなるほか、米国、その他の有志国も含めて国際共同研究のハブとしていくことを考えている、とした。

<JIC、政策目的が達成される投資を>

経営再建策を検討している東芝の非公開化の是非などについては「個別企業の経営に関する事項」として、コメントを控えた。そのうえで「東芝は原子力や半導体など国家の安全保障にかかわる重要技術を持っている。関係する事業が維持・発展することが重要であり、そうした観点から今後の動向はしっかりと注視したい」とした。

また、産業革新投資機構(JIC)による投資については「単に非公開化による私企業の経営の円滑化のみを目的に投資することはできない」と指摘。産業競争力強化法には投資基準や新事業の創出、事業再編の促進といった政策目的が掲げられているとし「その目的が達成されるよう投資が行われる必要がある」と述べた。

東芝の経営再建策に応募したファンドのうち、国内外の4陣営が2次入札に進んだ。2次に進んだ4陣営のうち、1つは日本の官民ファンドの産業革新投資機構と日本産業パートナーズの連合ということが分かっている。

(清水律子)

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スペインの銀行、景気減速で引当金積み増し必要に=中

ビジネス

台湾の鴻海、第4四半期の売上高見通しを「慎重ながら

ビジネス

PCとモバイル展開強化へ、新たな投資視野に=ソニー

ビジネス

ユーロ圏8月PPI、前年比+43.3% エネルギー

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中