ニュース速報

ビジネス

豪経済活動、極めて大幅に縮小する見込み=中銀議事要旨

2020年04月01日(水)13時23分

 4月1日、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は、3月に開いた臨時理事会の議事要旨を公表し、経済活動が「極めて大幅に縮小」する可能性に懸念を示した。シドニー市内のマクドナルドで3月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 1日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は1日、3月に開いた臨時理事会の議事要旨を公表し、経済活動が「極めて大幅に縮小」する可能性に懸念を示した。

同中銀は3月18日に臨時理事会を開催。政策金利を過去最低の0.25%に引き下げ、初の量的緩和(QE)を発表した。[nL4N2BC1JG]

議事要旨では、「流動的な状況」を踏まえれば新たな経済見通しを示すのは不可能とした上で、「豪経済活動は1─3月期と4─6月期に極めて大幅に縮小する見込みで、こうした状況はさらに長く続く可能性がある」とした。

理事会メンバーはまた、政策金利のオフィシャルキャッシュレートは事実上の下限にあり、当局としてマイナス金利は「求めていない」との見解で一致。追加利下げは検討されていないことを示唆した。

中銀の次回会合は4月7日に予定されている。

中銀はまた、異例の措置は「通常時では検討されることはなかった」と指摘した。

オーストラリアでは新型コロナウイルスの感染者が4500人を超え、死者は20人となっている。

中銀は、経済活動の落ち込み度合いについて、感染拡大防止のため対人距離をとる「ソーシャル・ディスタンシング」やロックダウン(都市封鎖)を巡る動向に左右されるとの見方を示した。

エコノミストらは、中銀の政策について、債券買い入れの規模が注目点になっていると指摘。

中銀は3月20日のQE開始以来、債券買い入れを毎営業日行っており、これまでに合計で約240億豪ドル(147億米ドル)相当の国債と州・特別地域政府債を買い入れている。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のエコノミスト、Su-lin Ong氏は「RBAは最新のマクロ経済見通しを公表していないが、不透明感が強いなか、見通しが大幅に修正されると議事要旨は示唆した」と分析。

中銀のマイナス金利に消極的な姿勢と、政府が最近打ち出した大型経済対策を踏まえると、中銀は当面、政策変更を見送る可能性が高いと予想した。

景気の見通しについて、ウエストパックのエコノミストは、6月までに豪失業率が11%を上回る水準に悪化し、今年の国内総生産(GDP)は3%減少すると予想している。

オーストラリアは1990年代初め以降、2四半期連続のマイナス成長を経験していない。

19年第4・四半期の豪GDPは前年比2.2%増、2月の失業率は5.1%だった。

コモンウェルス銀行(CBA)の経営トップは今週、豪GDPが第1・四半期だけで10%落ち込むとの見方を示した。

*内容を追加し、カテゴリーを追加・変更して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!