最新記事

セレブ

「よほど惨めな人生を...」パリス・ヒルトン、息子の「容姿」をけなすネットのノリを一蹴「私の天使は完璧」

2023年12月04日(月)22時15分
千歳香奈子
パリス・ヒルトン

パリス・ヒルトン(2022年6月、米サンタモニカ) Tinseltown-Shutterstock

<1歳に満たない息子との微笑ましいツーショットを披露したパリス・ヒルトン。その投稿には、息子フェニックス君の容姿を批判するコメントが多く寄せられた。心ないコメントに心を痛めながら、投稿者に反論した内容とは──>

【写真】「頭大きい」「気持ち悪い」と、心ないコメントが多く寄せられたパリスと息子のNYでのツーショット

かつてパーティーガールとして名を馳せたパリス・ヒルトンも、気がつけばいつの間にか2児のママ。長男フェニックス君に続いて11月には長女ロンドンちゃんも誕生したことで母性本能に目覚めたと明かし、「罪のない小さな赤ちゃんに対して意地悪で悪質な行為をするなんて信じられない」とネットで息子を誹謗中傷する人たちを批判した。

「どんな時も彼を守る」と宣言

今年1月に代理出産でフェニックス君が誕生して以降、溺愛する様子をSNSで公開しているパリスは、10月に生後8カ月の愛息と一緒に初めてニューヨークを訪れたことを報告。しかし、この投稿をみたユーザーからは、「頭が大きい」「水頭症を疑った方がいい」「気持ち悪い」などフェニックス君の見た目を誹謗中傷するコメントが多く寄せられた。

11月23日に第2子の誕生をインスタグラムで電撃発表した直後にピープル誌のインタビューに応じたパリスは、「普段なら相手にもしないけど、世の中にこれほど残酷な人たちがいることに、ただただ胸が張り裂けそう」と息子へのネットの反応に対する想いを告白。「私についてなら何を言っても構わないけど、私の小さな天使がからかわれるのは耐えられない。誰かが彼や彼の感情を傷つけるようなことを言ったら、私はどんな時も彼を守る」と述べ、母の強さを見せた。

一方で、「フェニックスをどれだけ愛し、どれほど美しいか、ヘイターたちの言うことには耳を貸さないで」と愛に溢れるコメントも多く寄せられていることも明かし、自分たちを支持するファンへの感謝の言葉も述べている。その上で、悪口を言う人たちは「よほど惨めな人生を送っているのでしょう」と話し、「ネットで子どもをいじめるような人たちには、申し訳ない気持ちになる」と憐れんだ。

クリスマスがロンドンちゃんのSNSデビューに?

パリスはTikTokの動画に寄せられた容姿批判に対し、自身を擁護するフォロワーに返信する形で「私の天使は完璧」「息子は健康」と反論していたが、ロンドンちゃんの顔出しをする前に子どもを守る母親の威厳を示したかったのかもしれない。

そのロンドンちゃんは、自身の母親や妹にも内密で代理出産し、感謝祭で家族が集まった夕食会の前にサプライズお披露目したことを明かしている。

「子どもたちと一緒に過ごす初めてのホリデーが楽しみ」と話すパリスは、ロンドンちゃんの誕生を祝ってピンクのツリーを飾り、一家4人で迎えるクリスマスを心待ちにしている。
クリスマスがロンドンちゃんのSNSデビューとなるのか、期待が高まっている。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 2

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの