最新記事

動物救出

子アライグマが高層ビルの外壁に ミネアポリスは失神寸前

Raccoon Climbs St. Paul Building, Captivates Local

2018年6月14日(木)15時00分
マリア・ペレス

18階の窓枠からこんにちは。不安そうな表情がたまらない Paige Donnelly law/TWITTER

<米ミネソタ州ミネアポリスの住民は、都会では滅多に味わえないスリルを味わった。アライグマが、ビルの外壁をよじのぼっていくのだ。もう飛び降りるには高過ぎる。あとは屋上まで登る知恵があることを祈るしかない>

12日の火曜、アライグマが25階建てのUBSビルの外壁を登りはじめた。どんどんどんどん高く登り、その姿は小さい点のようだ。ビルの中からも地上からも「もうこれ以上耐えられない」「心臓マヒを起こしそう」との声が上がる。

(捕獲されそうになって逃げた先が、高層ビルだった)

人々がアライグマの姿をじっくり近くで見られたのは、18階の法律事務所の窓枠で休んだとき。ガラス越しにこちらを見るアライグマはまだ子供で、不安そうな顔をしている。「中に入れてあげて」「水をあげて」と狂ったようにツイートがくるが、残念ながらこの窓は開けられない。


(18階の窓枠で休むアライグマ)



25階の屋上には救出のプロがきているが、ロープなどを使って水や餌を降ろすことは危険と判断。驚いて転落したらそれまでだ。屋上まで来るのを待つしかないという。

アライグマが心配でたまらない人々は悲鳴を上げた。

(窓ガラスをカットしたらどうなの?もう耐えられないわ)




(もう見ていられない。かわいそうな子!)




(この子のことが心配でおかしくなりそうだ)




(オクラホマ州にいるんだけど、こっちも変になりそうだ。今どうなってる?)



夜中、昼寝から覚めたアライグマはまたビルを登り始め、水曜未明に屋上に到着。高級キャットフードと水をもらって保護された。屋上に登ることを知っていてよかった。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月