Picture Power アーカイブ

震災と「核」をダゲレオタイプで撮り続けて

 2011年3月11日、写真家の新井 卓は〈死の灰〉のシャーレを持って、神奈川県・川崎の自宅近くの公園に出かけた。〈死の灰〉は、1954年にビキニ環礁でアメリカの水爆実験…

2016.03.16

忘れられる「フクシマ」、変わりゆく「福島」

 初めて三瓶利仙さん、恵子さん夫妻を撮影したのは、2011年4月9日だった。  福島の酪農家を被写体に選んだのは、原発事故が起きてもすぐ避難できない人たちを撮影したいと…

2016.03.15

企業人目指す黒人女性の不安

 ノースカロライナ州を拠点に活動する、アフリカ系アメリカ人アーティストのエンディア・ビール。ウィンストン・セーラム州立大学の准教授でもある彼女は写真やビデオを使って、人種…

2016.03.01

当事者が切り取るイランの素顔

 イラン人家庭にとって家族のアルバムは宝物だ。かつてはどの家のアルバムにも、精いっぱいのおしゃれをして子供の誕生日を祝う希望に満ちた家族の集合写真が並んでいた。  だが…

2016.02.17

不法移民から没収された大量の私物は何を語る

 この「アメリカンドリーム・プロジェクト」で私が撮った写真には、合理的な説明を拒否して心をかき乱す何かがある。なぜこれらは捨てられたのか?  03年7月~14年8月に米…

2016.02.10

ブラジルを悩ますロバの野生化

 欧州大陸からブラジルにロバが連れてこられたのは16世紀のこと。気性が穏やかで働き者のロバはその後数百年間にわたり、水の運搬や農作業を担う重要な労働力として国の発展を支え…

2016.01.27

「幸福の国」ブータンの2つの顔

 スマートフォンとソーシャルメディアの時代にあって、外国人の旅行がいまだに厳しく制限される国がある。四六時中監視の目が付きまとう北朝鮮やトルクメニスタンは、政権が何かを隠…

2016.01.20

抑圧と発展の20年、変わりゆくチベット

 私がチベット自治区を初めて訪れたのは97年。15年5月に再訪し、その変化を写真に収めた。  かつてのチベットでは、中国政府に禁じられていたものの、チベット仏教の最高指…

2016.01.05

シリコンバレー、夢見る者のバブルな日常

 テクノロジー業界が生み出す莫大な富が、サンフランシスコやシリコンバレーに新たなゴールドラッシュをもたらしている。自ら新規事業を立ち上げて、あるいは乗りに乗っているIT企…

2015.12.28

娯楽で殺されるライオンたち

 ジンバブエの人気者だったライオン「セシル」が、アメリカ人歯科医に狩りで殺される事件が起きたのは、今年7月――。世界中から非難の声が上がったが、スポーツとして大型動物を殺…

2015.12.07

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 6

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!