注目のキーワード

保守派

ニューズウィーク日本版『保守派』に関する記事一覧

        
なぜアメリカの中絶反対派は中絶に反対するのか
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

なぜアメリカの中絶反対派は中絶に反対するのか

<カトリックの教えと思われがちだが、彼らは死刑の存続や福祉の縮小などイエスの教えに反する主張を繰り広...

2022.07.05
        
政敵「口撃」は今も昔も不変...だが昔はこんなに言い回しが「巧み」だった(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

政敵「口撃」は今も昔も不変...だが昔はこんなに言い回しが「巧み」だった(パックン)

<現在では「民主党は小児性愛の党!」というような、センスも信憑性もない中傷に「退化」してしまっている...

2022.05.10
        
LGBTQについて「子供」にも教えるべき──そう考える大人は「変態」だって?(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

LGBTQについて「子供」にも教えるべき──そう考える大人は「変態」だって?(パックン)

<フロリダ州で、小学校低学年まで性的指向などについて教えることを禁じる州法が成立。変態で小児性愛者の...

2022.04.20
露骨な男尊女卑で逆転勝利した韓国「尹錫悦」新大統領は、トランプの劣化版
大統領選

露骨な男尊女卑で逆転勝利した韓国「尹錫悦」新大統領は、トランプの劣化版

<歴史的な僅差の末に、韓国大統領選を制した尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が、巧みに利用したメディ...

2022.03.25
今もトランプは米保守派の1番人気! 集会には「金ぴか像」まで登場
米政治

今もトランプは米保守派の1番人気! 集会には「金ぴか像」まで登場

<黄金色に輝くその威光は、2024年の次期大統領選挙でも輝くか? 現在のところ支持率は59%という共...

2022.03.08
        
M&M'sのキャラが「セクシー」じゃなくなった! という主張の「気持ち悪さ」(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

M&M'sのキャラが「セクシー」じゃなくなった! という主張の「気持ち悪さ」(パックン)

<アメリカの保守派に絶大な影響力を持つFOXの人気司会者カールソンが、M&M'sチョコのキャラクター...

2022.02.08
裏切り、内輪もめ、スキャンダル、失言...韓国・大統領選挙の大混乱
韓国

裏切り、内輪もめ、スキャンダル、失言...韓国・大統領選挙の大混乱

<保守系の野党候補は失言や疑惑、陣営の内紛で失速したが、支持率で逆転したリベラル系の与党候補はこのま...

2022.01.12
        
今も大統領選の不正を叫ぶトランプ信者の「陰謀論」拡散は終わらない(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

今も大統領選の不正を叫ぶトランプ信者の「陰謀論」拡散は終わらない(パックン)

<昨年の大統領選で不正があったと訴え、各地で再集計を続けるトランプ支持者たち。「中国製の偽用紙」を探...

2021.10.12
米保守派にとってトランプは時代遅れか...支持は次世代の旗手に移行中
米政治

米保守派にとってトランプは時代遅れか...支持は次世代の旗手に移行中

<共和党支持者たちから熱烈に支持されていたトランプだが、直近の調査では「ミニ・トランプ」と称されるデ...

2021.10.05
        
高市早苗氏はなぜ敗北したか―ネット保守の過激すぎる応援がアダに
猫系作家の時事評論 古谷経衡

高市早苗氏はなぜ敗北したか―ネット保守の過激すぎる応援がアダに

<高市氏は一時期、岸田氏を猛追して2位も視野に入ると期待された。それが結局敗れたのは、暴走したネット...

2021.10.01

人気ランキング

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集