最新記事

軍拡

ロシアが戦闘機とミサイルで「北極軍」を増強

北極圏での領有権拡大を試み、軍拡を推し進める意図は

2015年9月2日(水)17時30分
ダミアン・シャルコフ

防空力を強化 ロシアのスホーイSU-35戦闘機 Maxim Shemetov - REUTERS

 ロシアが北極で軍拡を進めている。同国のセルゲイ・ショイグ国防相は8月31日、戦闘機と地対空ミサイルを2015年末までに北極圏の軍事施設に配備する計画だと、国営タス通信に語った。

 北極海に領海を持つのは、ロシアのほか、アメリカ、カナダ、ノルウェー、デンマーク。ロシアは繰り返し北極圏での領有権拡大を主張してきた。最近では8月にも、エネルギー開発をめぐり、海岸から約650キロメートル沖までの約120万平方キロメートルの大陸棚をロシアの領海とする提案書を、国連に提出していたことが明らかとなった。

 ロシア国防省は海軍戦略の中で北極圏を最重要地域としており、昨年も同国最北部の再軍備を進めていた。今年1月には、フィンランドとの国境からわずか50キロしか離れていない最北のムルマンスク地域(不凍港がある)での基地拡張を発表している。

 そして今、ショイグ国防相によれば、同国最北の海軍施設に防空能力を加えようとしているのだ。「空軍力強化のため(戦闘機と地対空ミサイルの)配備作業に着手している」と、ショイグはタス通信に語っている。「年末に向けて、海軍と空軍、地対空ミサイル、そして防空司令部の編成を完成させる計画だ」

 その意図についてショイグは、ロシア北方のカラ海から太平洋に至るシーレーン防衛のためだと説明する。今回の動きは、北極での戦闘訓練を受けた自立可能な部隊、いわば「北極軍」を2018年までに設立する、より大きな戦略の一部でもある。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米エヌビディア、新AIモデルで今後も需要は拡大へ=

ワールド

政府、北朝鮮の対ロ軍事協力で追加制裁=林官房長官

ビジネス

JPモルガンCEO、中国投資で打撃受けたと認める=

ビジネス

ペルーインフレ率、年末は目標内の2─2.2%に 中
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中