Picture Power アーカイブ

無人の会議室が語る巨大企業の秘密

 世界有数の大銀行BNPパリバの経営陣が集まるのはナポレオンゆかりの会議室。ドイツの鉄鋼メーカー・ティッセンクルップの重役はモダンな本社ビルから工場の遺構を見下ろし、会社…

2012.05.16

世界が切り取る 5月15日 ネット時代の巨大写真イベント

 手軽に目前の「今」を記録する方法として、写真は日常の多様なシーンで活躍している。5月15日(火)ごく普通の一日を世界中の参加者が各々の視点でカメラに収め、言語の違いを超…

2012.04.23

フォトフェスト・ヒューストン---ロシア特集

 世界でも有数の写真祭で全米でもっとも長い歴史があるフォトフェスト・ビエンナーレがテキサス州ヒューストンで始まった(4/29まで)。市内の110以上の美術館、ギャラリー…

2012.03.22

震災から1年---写真が今できること

 被災地では一周忌法要の知らせが次々と届き、悲しみを新たにしている。洋々とした豊かな海は黒い水の山と化し、温かい生活の営みを一瞬にして奪い去っていったあの日、膨大な数の写…

2012.03.01

世界報道写真コンテスト 大賞は「アラブの春」から

 2月10日、世界報道写真(World Press Photo)財団(本部・オランダ)が選ぶ第55回世界報道写真賞の各賞が発表になった。  大賞は、中東各地で発生した「…

2012.02.11

写真の新たな飛躍を感じて---日本の新進作家たち

 日々どれほどの写真に出会うだろう。目に入った膨大な量の写真が発する情報の多くは、私たちに浅い記憶を植え付け、あるいは何も残さずに過去へと流れていく。そんな写真に対しての…

2011.12.21

ガーナをむしばむデジタル機器の「墓場」

 ガーナの首都アクラ郊外にあるスラム、アゴグブロシは電子機器の墓場だ。パソコンのマザーボード、モニター、ハードディスクなどが燃やされ、黒煙と悪臭が一帯を覆う。住民が、聖書…

2011.12.13

戦場の生と死のはざまを見つめて

 世界の紛争地域を渡り歩くフォトグラファー、パオロ・ペレグリンは2006年、イスラエルの侵攻を受けたレバノン南部の町ティールにいた。爆発音を聞いて現場に駆け付けると、1人…

2011.08.16

匿名の若き写真家が見た 68年、プラハ

 1968年8月20日深夜。ソ連率いるワルシャワ条約機構軍がチェコスロバキアのプラハに進攻しようとしていた。ビルの上に陣取った30歳の若き写真家は、戦車がやって来るのを待…

2011.07.05

世界報道写真コンテスト 大賞は「鼻と耳を削がれた女性」

  残酷な悲劇を伝えたあの写真 注)スライドショーの一部に衝撃的な写真が含まれます  昨年8月の米タイム誌の表紙に、ある少女の写真が掲載された。鼻を切り落とされた傷…

2011.06.17

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 6

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!