コラム

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ......『パブリック 図書館の奇跡』

2020年07月15日(水)18時20分
公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ......『パブリック 図書館の奇跡』

公共図書館は単なる舞台ではない...... 『パブリック 図書館の奇跡』(C)EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<エミリオ・エステベスの新作、『パブリック 図書館の奇跡』は、彼の関心と感性が噛み合い、現在のアメリカに対する風刺も効いた小気味よいヒューマンドラマにまとめあげられている>

80年代に青春映画の若手俳優集団"ブラット・パック"のひとりとして注目を集めたエミリオ・エステベスは、『ウィズダム/夢のかけら』(86)以降、監督、脚本家としてもキャリアを積み重ね、独自の地位を築いている。そんなエステベスが製作・監督・脚本・主演を兼ねた新作『パブリック 図書館の奇跡』は、彼の関心と感性が噛み合い、現在のアメリカに対する風刺も効いた小気味よいヒューマンドラマにまとめあげられている。

大寒波、行き場がないホームレスの集団が図書館を占拠......

物語の舞台は、オハイオ州シンシナティの公共図書館。脛に傷を持つ実直な図書館員のスチュアートは、いつも図書館で過ごしているホームレスたちのまとめ役のジャクソンから、閉館間際に「ここを占拠する」と告げられる。大寒波の襲来で路上ではホームレスの凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターはどこも満杯で、行き場がないというのだ。

70人ほどのホームレスの窮状を察したスチュアートは、3階に留まる彼らと行動を共にし、出入口を封鎖する。それは"代わりの避難場所を"を求める平和的なデモだったが、警察との交渉に、次期市長選に出馬予定の検察官デイヴィスが割り込んでくる。スチュアートとの間に因縁がある彼は、精神が不安定な図書館員が起こした人質監禁事件であるかのように喧伝し、強硬策で解決を急ごうとする。メディアもその話題性に食いつき、フェイクニュースが拡散する。警察は突入の準備を進め、スチュアートたちは追い詰められていくが...。

ふたつの民主主義がせめぎ合い、分断された社会が見えてくる

本作を観ながら筆者が思い出していたのは、以前に取り上げたフレデリック・ワイズマン監督の『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』のことだ。このドキュメンタリーに描かれる現実を踏まえてみると、本作がより興味深いものなる。どちらの作品も、公共図書館は単なる舞台ではない。

公共図書館とは何か。『シビックスペース・サイバースペース----情報化社会を活性化するアメリカ公共図書館----』では、以下のように説明されている。

oba0915bb.jpg

『シビックスペース・サイバースペース----情報化社会を活性化するアメリカ公共図書館----』レイモンド・キャスリーン・モルツ/フィリス・デイン 山本順一訳(勉誠出版、2013年)


「その社会が真に民主主義社会であるかどうかの品質保証をするものが公共図書館で、公共図書館は市民の知る権利を保障し、あらゆるものにとらわれない精神的に自由な生活の守護者として、市民に開かれた、地域社会に基礎をおくひとつの社会的機関である」

ワイズマンもエステベスもそんな公共図書館の重要性を念頭に置いている。しかも、彼らの関心には共通点がある。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

プーチン氏、バイデン氏の息子巡る疑惑否定 トランプ

ワールド

スペインが再び全土に緊急事態宣言、夜間外出禁止や移

ワールド

新型コロナワクチンの有効性、12月初めまでに判明=

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

  • 7

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

  • 10

    アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!