コラム

五体投地で行く2400キロ。変わらない巡礼の心、変わりゆくチベット

2016年07月06日(水)17時10分
五体投地で行く2400キロ。変わらない巡礼の心、変わりゆくチベット

映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km 』

<チベット仏教の聖地ラサとカイラス山を目指し、五体投地という礼拝法を行いながら1年かけて旅をする様子を描いたロードムービー。巡礼の心は昔のままだが、環境は大きく変わりつつある...>

政治とは関わりなく、チベットの人々の生き方が描かれる

 ひれ伏すように体を前に投げ出し、両手、両膝、頭を地に着けて祈る。仏教で最高の敬意を表す礼法である"五体投地"。『こころの湯』や『胡同のひまわり』で知られる中国人監督チャン・ヤンが作り上げた『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』は、チベットの小さな村に暮らす11人の村人たちが、聖地ラサと聖山カイラスに至る2400kmの道程を、その五体投地で行く巡礼の旅を描いたロードムービーだ。

 この映画でまず特筆すべきは、フィクションとドキュメンタリーの境界を曖昧にするような独自のスタイルだろう。チャン・ヤンは91年にチベットを旅して強く惹かれ、以来たびたびチベットを訪れ、様々な巡礼者と出会い、巡礼者の物語を撮るための準備を進めてきた。

 彼の頭のなかには、おおよそのストーリーと、老人、妊婦、リーダー格の男、家畜の解体を生業とする男、十代の若者、女の子など、巡礼チームを構成する人物たちのイメージができあがっていた。そして、ロケハンの際に、それに当てはまる人物を異なるいくつかの村から集めるつもりだった。

 ところが、ある幸運な出会いをきっかけに、ひとつの村だけで彼が求めていたキャストがすべて揃うことになった。その結果、本物の家族や隣人がそれぞれに自分を演じるこの映画では、放牧や食事といった日常から、個々の巡礼への思い、手板などの五体投地のための準備、そして長い巡礼の旅まで、ドキュメンタリーに近い視点で細部が積み重ねられていく。妊婦の女性は実際に巡礼の途中で出産し、赤ん坊は巡礼のなかで成長していく。

 さらにもうひとつ、チャン・ヤンが中国における公開も視野に入れていることも見逃せない。彼はプレスのインタビューで、そのことについて以下のように語っている。


「何か問題になるとはまったく思っていません。信仰という題材ですが、この映画は政治とは関わりなく、ただチベットの人々の日々の生き方を見せたものなのですから」

 確かにこの映画には政治的な要素は見られない。中心にあるのはあくまで、昔と変わらない巡礼の姿である。しかし、巡礼以外にも考えさせられるものがないわけではない。

 たとえば、巡礼の旅の前半で、主人公たちが、物資や重機などを積んだトラックが頻繁に通る道を進む場面だ。トラックがすぐ脇を通るような道は、普通に歩いていても危険を感じるものだが、彼らはそこを五体投地で進んでいく。夜になり、彼らが道路脇に設営したテントで眠りについた後も、通りすぎる車の音が響いている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!