コラム

五体投地で行く2400キロ。変わらない巡礼の心、変わりゆくチベット

2016年07月06日(水)17時10分
五体投地で行く2400キロ。変わらない巡礼の心、変わりゆくチベット

映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km 』

<チベット仏教の聖地ラサとカイラス山を目指し、五体投地という礼拝法を行いながら1年かけて旅をする様子を描いたロードムービー。巡礼の心は昔のままだが、環境は大きく変わりつつある...>

政治とは関わりなく、チベットの人々の生き方が描かれる

 ひれ伏すように体を前に投げ出し、両手、両膝、頭を地に着けて祈る。仏教で最高の敬意を表す礼法である"五体投地"。『こころの湯』や『胡同のひまわり』で知られる中国人監督チャン・ヤンが作り上げた『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』は、チベットの小さな村に暮らす11人の村人たちが、聖地ラサと聖山カイラスに至る2400kmの道程を、その五体投地で行く巡礼の旅を描いたロードムービーだ。

 この映画でまず特筆すべきは、フィクションとドキュメンタリーの境界を曖昧にするような独自のスタイルだろう。チャン・ヤンは91年にチベットを旅して強く惹かれ、以来たびたびチベットを訪れ、様々な巡礼者と出会い、巡礼者の物語を撮るための準備を進めてきた。

 彼の頭のなかには、おおよそのストーリーと、老人、妊婦、リーダー格の男、家畜の解体を生業とする男、十代の若者、女の子など、巡礼チームを構成する人物たちのイメージができあがっていた。そして、ロケハンの際に、それに当てはまる人物を異なるいくつかの村から集めるつもりだった。

 ところが、ある幸運な出会いをきっかけに、ひとつの村だけで彼が求めていたキャストがすべて揃うことになった。その結果、本物の家族や隣人がそれぞれに自分を演じるこの映画では、放牧や食事といった日常から、個々の巡礼への思い、手板などの五体投地のための準備、そして長い巡礼の旅まで、ドキュメンタリーに近い視点で細部が積み重ねられていく。妊婦の女性は実際に巡礼の途中で出産し、赤ん坊は巡礼のなかで成長していく。

 さらにもうひとつ、チャン・ヤンが中国における公開も視野に入れていることも見逃せない。彼はプレスのインタビューで、そのことについて以下のように語っている。


「何か問題になるとはまったく思っていません。信仰という題材ですが、この映画は政治とは関わりなく、ただチベットの人々の日々の生き方を見せたものなのですから」

 確かにこの映画には政治的な要素は見られない。中心にあるのはあくまで、昔と変わらない巡礼の姿である。しかし、巡礼以外にも考えさせられるものがないわけではない。

 たとえば、巡礼の旅の前半で、主人公たちが、物資や重機などを積んだトラックが頻繁に通る道を進む場面だ。トラックがすぐ脇を通るような道は、普通に歩いていても危険を感じるものだが、彼らはそこを五体投地で進んでいく。夜になり、彼らが道路脇に設営したテントで眠りについた後も、通りすぎる車の音が響いている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

英国の新型コロナ死者数が4万7000人突破、首相へ

ワールド

英閣外相が辞任、首相側近の封鎖中移動巡る説明は「通

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!