外国人観光客を図に乗らせている、過剰な「おもてなし」やめませんか

2019年12月20日(金)11時20分
外国人リレーコラム 周 来友(しゅう・らいゆう)

<マナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だが、実際は欧米人だってひどい。なぜ日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちなのか>

日本ではよく「お客様は神様」と言われるが、本当は「神様」なんかじゃない。新宿ゴールデン街のママたちから愚痴を聞いて、そんな思いが頭によぎった。

ゴールデン街には今、欧米からの観光客が大挙して訪れている。わずか3~4.5坪の小さな飲食店が密集するゴールデン街では「はしご」が当たり前。店に入り、チャージも払って何杯か飲んだら次の店に移る。そういう楽しみ方が一般的だ。彼らがそれを知らないのは仕方がないとしても、チャージについて説明すると文句を言ったり、同じ店にずっといて大騒ぎしたりするらしい。私も目撃したことがある。

品川の駅前ではこんな光景も見掛けた。高輪口を出ると、歩道橋の近くに広いスペースがあるが、そこで白昼堂々、欧米人の観光客たちが酒盛りをしているのだ。すぐ近くに交番があるのに、警察官もその迷惑行為を注意しない。路上で繰り広げられる安上がりなパーティーと、散乱したビールの空き缶を見たのは1度や2度ではない。

観光客のマナーが悪いのは今に始まったことではないし、日本に限った話でもないだろう。ただ、これまで日本ではマナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だった。そんな報道が繰り返されてきたし(編集者によると、本誌でも2007年に中国人観光客の特集を組んだらしい)、「銀座の路上で中国人が子供に小便をさせていた!」と、ワイドショーでこぞって報じられたりもした。なぜ「マナーが悪い欧米人」は話題にならないのだろう。

何も「中国人は悪くない」と言いたいわけじゃない。文化の異なる国からやって来るのだから、日本の習慣に戸惑う人がいるのは当たり前。問題は、日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちで、それはなぜかという点だ。

私はその原因は日本の「おもてなし」にあると思っている。迷惑だと思っても「神様」だから注意できない。それが彼らを勘違いさせ、図に乗らせているんじゃないか。例えばアメリカでは路上飲酒が禁止されている州が多い。そこで、「日本ではOKだってさ!」とハメを外して飲んでしまう──だからと言って空き缶を散乱させていい理由にはならないはず。

日本に来ると「お客様は神様」で、デパートに入れば深々とお辞儀をされ、買い物をすれば商品は丁重にラッピングされる。プレゼントだと言えば、手渡し用に奇麗な紙袋を付けてくれることさえあり、そんな経験をしたことのない外国人は単純に感激してしまう。「日本ってスゴイ!」