LGBTQを拷問と性的虐待で痛めつけるエジプト警察

2020年10月7日(水)18時35分
ダニエル・ビャレアル

<警察はときにSNSでLGBTQを呼び出し、逮捕し、暴力の限りを尽くし、家族も就業機会も命も奪う>

エジプト警察と治安当局が、ソーシャルメディアを使ってLGBTQ(性的マイノリティ)ではないかとみられる人々を罠にかけて無実の罪を着せ、無期限に身柄を拘束して身体的・性的虐待を行い、必要な治療も受けさせていないという状況が明らかになった。

相次ぐ逮捕は、現在進行している、LGBTQの人々に対する、より大規模な取り締まりの一環とみられる。エジプトが合意している複数の国際人権条約はもちろん、エジプト憲法にも違反する行為だ。

国際的な非政府組織(NGO)「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」がまとめた新たな報告書は、2017年から2020年の間に逮捕された15名の証言を引用している。彼らには、「放蕩」や「売春」といった漠然とした容疑がかけられていたが、このような何とでも解釈できる容疑は、LGBTQではないかと疑われた人々に難癖をつける口実として、世界各国の警察によってかなり以前から用いられてきたものだ。

人間ではない扱い

一部のケースでは、治安当局が、同性愛者向けのソーシャルアプリ「グラインダー(Grindr)」や、フェイスブックやワッツアップなどのソーシャルメディア・プラットフォームを用いて、LGBTQではないかと疑いをかけた人々に接触し、公共の場におびき出して捕まえていた。逮捕された複数の人物の証言によると、警察は、こうした人々の携帯電話にポルノ画像を仕込み、わいせつ罪の嫌疑をかけたという。

HRWの聞き取り調査に応じた15名は一様に、裁判が始まるまで数日から数カ月にわたって警察に身柄を拘束されたと述べている。その間、多くの場合は狭く衛生状態の悪い場所に閉じ込められ、取調官から侮辱されたり殴られたりしたという。15名のうち8名は、警察から性的暴行を受けたと証言しているほか、4人は必要な治療が受けられず、8人は警察から供述書への署名を強要され、供述書の内容を署名前に読むことすら許されなかったケースも多かったという。

逮捕された25歳の男性、サリム(仮名)によると、警察はサリムの両手両足を1つにしばり、監房で3日間にわたって放置したため、服を着たまま繰り返し排泄することを余儀なくされたという。身柄を拘束されている間、警察からは、自身の容疑に関する説明はなかったとのことだ。さらに警察は、こうした取り扱いについて誰かに話したら「二度と日の目を見られなくなる」と、サリムを脅したという。