ペニスの「飛行機雲」を作った米軍兵士、叱られる

2018年10月26日(金)13時42分
ベンジャミン・フィアナウ

<ちょっとしたジョークのはずが、米軍が公式に謝罪する一大事になってしまった>

米軍所属の航空機が空にペニスの形を描いて飛んだ。それも2年間で2度目だったので、米軍の取り調べを受けている。

ツイッター上で軍用機の航跡をモニターするアカウント、「エアクラフト・スポット」が10月23日、ペニスの形の飛行経路を(涙を流して笑っている絵文字付きで)投稿したためいたずらが発覚した。

「誰かが操縦士と話したほうがよさそうだ」と、投稿者はジョークを飛ばした。


米軍は、ペニスの形を描いたことに対して謝罪した。

「米軍は、我々の操縦士の一人が空に猥褻な飛行機雲を描いたことについて、あなたと、あなたのご両親と、生徒たちに、謝罪する」

ツイッターユーザーの一人はこうコメントした。

「飛行機雲ってこうやってできるものだったのね」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

  • 1/1