「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食ブーム

2018年5月18日(金)17時00分
佐々木和義

<「孤独のグルメ」が韓国で人気だ。1人で食事を楽しむライフスタイルへの変化など、韓国社会の変化と重なった>

ドラマ「孤独のグルメ」のソウルロケが韓国で話題になっている。2018年5月8日午前、SNS(ソーシャルネットワークサービス)に「孤独のグルメ、近況公開」と書かれた記事と写真が投稿され、新聞やテレビ局が取り上げた。

新聞に転載された写真には、スーツ姿の主人公・井之頭五郎を演じる俳優の松重豊氏と撮影スタッフが写っている。ソウル市龍山区宝光洞(ポグァンドン)にある普通の焼肉店で、グルメサイトを見ても特徴のある店ではないが、SNSを見た人などが殺到し、2時間を超える行列ができたという。

翌9日には韓国中西部の全羅北道全州市でロケが行われた。全羅北道は「孤独のグルメ」の取材記事を公式ツイッターに投稿し、自治体公式SNSでは異例の900件を超える反響となっている。


これまでの日本食ブーム

韓国では1988年のソウル五輪と前後して日本食が定着した。一流ホテルは日本食レストランを備え、市中の 「高級日式レストラン」は公式な会食や接待で使われるようになる。この時期、吉野家が進出したが、庶民向けの日本食は受け入れられず、わずか2年で撤退している。

第2次日本食ブームは日本酒とともに広がった。1996年、月桂冠が合弁で日本酒の販売を開始し、2000年代後半から地酒の人気が高まった。

居酒屋チェーンのてっぺんやモンテローザが進出し、合弁やライセンス契約による出店が相次いだ。大手企業や資産家が、提携先を求めて日本各地の有名店を巡り歩いたのである。日本の味と日本酒を提供する飲食店は「IZAKAYA」、日本酒は「SAKE」と呼ばれて女性や若者の心をとらえた。

財務省の統計によると、韓国向け日本酒輸出は2007年の1069キロリットル、4億6500万円から3年後の2010年には2590キロリットル、11億6500万円へと大幅に拡大している。